読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daily Sketch with...

ロードバイク、スキー、キャンプ、写真が好きなオッサンブログです。家族で楽しんでます。

改めて感じる空気抵抗の重さ・・・

f:id:yPhonist:20140511081356j:plain

5月10日(土)の午前中、予定通り練習ライドに出かけてきた。メンバーは、私、チネくん、K原さん、AR-Kさん、と、ここまでは前回の練習ライドと同じ。なんだけど、加えてあと3名、ショップによく顔を出しているものの、私はあまり一緒に走る機会のなかった方々が加わり、総勢7名でのライドとなった。しかもみなさん速い速い!

ショップから矢掛方面への、往復約70kmのルートだったが、折り返し地点となったコンビニでの休憩以外は、私自身との戦いとなった。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

まずは、とにかく巡行スピードが速い。前回の練習ライドよりも速い巡航速度で、自宅からショップまでの10km弱を入れた平均速度が29.1km/h。自宅からショップまではアップがてらテロテロ走ったので、その区間を外せば30km/hはこえていたと思われる・・・。もちろん40kmオーバーでの巡行もところどころ・・・。

f:id:yPhonist:20140511081408j:plain

ちなみにこれらの写真、折り返し地点のコンビニでの写真だが、反対にはもっときれいな景色も広がっているにもかかわらず、なぜかどこでも撮れるような場所での記念撮影。直後に気づきみんなで大爆笑した。それでも撮影のしなおしはせず。きれいな景色ももちろんいいんだが、やっぱり自転車乗りは自転車に乗って走った事実が、いい思い出なんだな~。

 

私は今回も基本的には牽いてもらうばかりで先頭には出ていない。脚を使い果たして迷惑をかけてもいけないので・・・。

にもかかわらず、終盤はちぎれてしまっては、信号で追いつくというのを数回繰り返した。なもんで、中切れを起こしても悪いので、後半は最後尾に張り付き、なんとかついて行く工夫を試みた。

 

前回に続き、今回速い人たちと走る機会を得たのだが、その人たちの速度域で引っ張ってもらって走っていると、風の抵抗というやつを本当に強く意識せざるを得ない。

ついて行くのもやっとの状況。なんとかドラフティングの効果のおかげで食いついているのだが、前を走る人たちの動向についていけない時、ちょっと間隔があいてしまっただけで取り返しがつかなくなってしまう。少しでも反応が遅れると、間に入ってきた風の圧力に押し戻されるように、どんどん距離が離れていってしまうのである。それまで以上に負荷をかけてペダルを回すのだが・・・。

特に後ろの方を走っているとその傾向は顕著で、前方の動きが遅れて伝わってくるため、どうしてもワンクッションおいての反応になりがちである。そうなると一気に距離が開いていくことになる。そしてがんばっても縮まらない距離に脚を使い果たし、ちぎれてしまうのである。 

間を開けないように、なるべく前方の動向を早めに察知するようによく観察しながら走るしかない。そのあたりの要領を得た時には今回のライドも終盤。脚も使い切っていた・・・。

 

さらに、途中には坂も・・・。

登坂の場面では実力の差はアリアリと出てしまう。なので私は最後にゆっくり上って、下りでちょっと頑張って何とか追いつく、という感じでやりすごした。

 

それにしても、坂がなんかキツイ。

昨年のイメージよりもきつい感じがする。

念のため帰って体重を測ってみた。

昨年末の一番搾れていた時よりも、2~3kg重い・・・。冬場の重力に逆らわないですむスポーツと飲み食いのおかげでやはり体重は増えてしまっていた。反省。

身体を慣らし負荷を高めていくと同時に、減量の方にも再度本格的に取り組まなくてはならないようだ。

ジテツウの合間でローラーも再開し、ストイックな生活に戻ろうと思うんだが、根が俗物なので、ついつい楽しいこと、美味しいものに引っ張られてしまう・・・。40歳もとっくに過ぎて、「不惑」の境地もさらに深まっているはずなのだけど、甘い誘惑にはいつまでたっても弱いのだ。

ここ数日の楽しみは、「ジロ・デ・イタリア」をテレビで観ながらのお酒とおつまみ・・・。こんなだから少々運動が増えても体重がなかなか減らない。

まずは今日のジロの休息日(移動日)、いつもよりちょっとストイックに過ごしてみようと思う。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村