読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daily Sketch with...

ロードバイク、スキー、キャンプ、写真が好きなオッサンブログです。家族で楽しんでます。

ふたを開けてみれば、最高の最終日かも!

AMITY Camping Car ski
f:id:yPhonist:20150505185600j:image
志賀高原最終日、まず向かったのは「熊の湯スキー場」。しかし現地に着いてみると、滑ることができる場所が限られているため、横手山へ移動しようということになった。
すぐ隣の「横手山スキー場」。このエリア最高点の2300mを楽しむためにこちらのゲレンデに入った。

道路脇に車を止めて準備。
f:id:yPhonist:20150505185634j:image
古くからあるという風情の食堂でリフト券を買い、まずはリフトを二本乗り継いで滑りはじめた。焼額に比べて標高も高く冷えたのだろう、上の方はカリカリのバーンとなっていた。三分の一ほど降りると適度な硬さのバーンとなり、快適にクルージングを楽しめた。
ここまで、気温も低く、ウェアの選択を間違えたね、というくらい寒さを感じていたが、一本降りる間に雲は流れ去り、青空が広がりはじめた。
f:id:yPhonist:20150505185717j:image
雪も緩みながらも、コブを楽しむことができたので、コンディションは上々と言っていい感じ。
今回のスキーで行動を共にしていた、スキークラブの方々、スクールのスタッフの方々とも合流し、ちょっと滑ってから山頂のロッジで休憩を取ることに。
ここは、ボルシチが美味しいらしく、人もまだ少ないうちに昼食も済ませてしまうことにした。
f:id:yPhonist:20150505190116j:image
ボルシチ・セット

f:id:yPhonist:20150505190140j:image
キノコスープ・セット

昼食&休憩を済ませた後は、展望台で絶景を楽しんだ。
f:id:yPhonist:20150505190557j:image
f:id:yPhonist:20150505190616j:image
f:id:yPhonist:20150505190629j:image
上から見下ろす下方の風景と、浮いたように佇む雪をたたえた遠くの山頂。。。
なかなか身近で目にする機会のない景色を堪能できた。

午後からはさすがに雪もグサグサになってきたが、コブと中緩斜面の不整地をしっかりと練習させてもらい終了した。
f:id:yPhonist:20150505191356j:image
f:id:yPhonist:20150505191408j:image
ところで、スキー中、ゲレンデ横を上っていく道路をヒルクライム中のローディーを何人も見かけた。スキーしながらローディーの姿を見るなんて、この季節ならでは。不思議な感覚を覚えるとともに、帰ってからは8月はじめの耐久レースに向け、頑張ろうと心に誓った。

その後は、昨日と同じところで風呂を済ませ、またもや
f:id:yPhonist:20150505191501j:image
をいただき、帰路に。帰りの行程をビジュアル的に把握してしまうと、ゾッとしてしまう。
f:id:yPhonist:20150505191600p:image

途中で泊を入れ、気をつけて帰ります。

なんとか、雨にも祟られず、私たちを温かく迎え、素晴らしい景色の中でスキーを楽しませてくれた、志賀高原、ありがとう!