読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daily Sketch with...

ロードバイク、スキー、キャンプ、写真が好きなオッサンブログです。家族で楽しんでます。

久々の実走で悶絶!(ヘルメットとシューズ新調後初実走)

f:id:yPhonist:20151104175513j:plain

昨日は久々の「実走」に出かけてきた。

家でローラーは回してはいたものの,ここのところずいぶんとこらえ性がなくなって,L4とかL3とかでも回し続けるのが苦痛になってきていた。その気になればきちんとこなせるんだろうけど,なんか嫌になってしまって続かない・・・。冬に向けてのモチベーションの問題もあるんだと思う。

だから,というわけではないが,最近新調したヘルメットとシューズを実走で試してみた。シューズはローラーですでに使っているが,さすがにヘルメットは初(あたりまえ。ローラー練でつけてたのではただの〇〇)。

f:id:yPhonist:20151104175521j:plain

シューズの方はローラーで感じていた通り,フィット感抜群。心配していた擦れや当たりも出ず,快調に80km走り切ることができた。

もともと昨シーズンあたりから,ひとつ前のS-WORKSシューズは候補に挙がっており,購入も時間の問題だった。しかし,おなじみチネくんが先に購入し,「かかとにあたりが出て痛い」と言っていたため様子見をしていた。そのタイミングでこのS-WORKS 6の発表があった。かかとのカップが改良されている,というただ一つの文句で,購入は決まった。あとはタイミング。シーズン途中ではセッティングとか時間がもったいないので,冬に向けての購入に踏み切ったのだった。

実際に履いて走ってみても,はだしの足裏に直接ペダルが固定されているかのような快適さだった。走っている途中,シューズまわりで違和感は全く感じずにいられた。旧Myシューズだと,途中で足裏に違和感を感じたり不自然に締め付けられる感じを受けたりしていたから。そして,途中での走行具合により,緩めたり増し締めしたりがしやすい,Boaシステムの恩恵にも思う存分あずかることができた。これまで,シューズはそんなに重要視していなかったのだが,このフィット感を味わうともう後戻りはできないかもしれない。

ヘルメットは・・・。

まだよくわからない。以前,ちょっとだけ試着して近所を走らせてもらったことがあって,その時には頭まわりの風切り音が少なくなってビックリしたが,なんせ久しぶりの実走で,旧ヘルメットでの感覚は忘れてしまっている。ただ,フィット感は良くて,アイウェアとの相性もよさそうで安心している。前は耳の上あたりがに痛みが出ていたのだが,それがなくなった。それだけでもストレスは軽減する。エアロ的な効果は,今後もなかなか実証することはできないだろうが,雰囲気でモチベーションを上げていくことに使用。

 

さて,実走の方だが,今回はいつものコースに二つほどセグメントを立てておいた。以下の二つ。


どちらも,上ったり下ったりがあるコースで,自分の指標にするために設定した。たぶんこの組み合わせでわざわざ走る人はいないだろうから,一応公開する設定にはしているが,ほぼプライベートなコースになるのではないかと思う。しばらくはこのコースで走って,タイムを削っていけるよう精進します。

 

にしても,久々の実走は,悶絶でした。

ちょっと前ならそんなにキツク感じなかったくらいの強度だったと思うんだけど・・・。