読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daily Sketch with...

ロードバイク、スキー、キャンプ、写真が好きなオッサンブログです。家族で楽しんでます。

2016年 春スキーの旅!

f:id:yPhonist:20160330162842j:plain

昨年の同時期はこちらへ。

アミティでスキー「旅」へ! - Daily Sketch with...

高鷲スノーパーク1日目 - Daily Sketch with...

アミティ・スキーの旅、二日目 - Daily Sketch with...

アミティ・スキーの旅、二日目午後〜 - Daily Sketch with...

アミティ・スキー旅、終盤! - Daily Sketch with...

 

で,ことしは3月25日の夜出発して,3月29日に帰ってくるという昨年と同様の日数で春スキーへ出かけてきた。昨年同様,サラさん親子とごいっしょする予定で。

アクティブなサラさんとこのブログはこちら~

sara.naturum.ne.jp

 

向かった先は,

「チャオ 御岳」と「めいほうスキー場」

 

昨年のように,途中途中でブログを更新する暇はなかったので,というか段々と面倒になってきたのもあるが,今回は事後のまとめ,という感じで。

 

出発は25日の夜10時。夕食と風呂を済ませ,私と相方ちゃん,ムスメちゃんとバアちゃんを乗せて出発した。バアちゃんは岐阜県各務原市にいる姉(私のおば)のところへ寄って滞在のため,送っていって帰りに回収,という段取りとなっていた。

そこで,まずは朝7時半位におばの家へ到着するのを目指す。移動は順調で,「養老SA」にて仮眠をとることができた。3時過ぎについて,3時間弱仮眠。6時くらいには出発したはず。途中給油等もして,予定通りおばの家に到着し,チャオ御岳へ向かった。

 

各務原へ寄ったので,東海北陸自動車道を北上し,高山を回るルートで行くことになった。しばらく走ると,昨年訪れた,高鷲スノーパークや,ダイナランドが目に入ってきた。ひるがの高原で休憩を入れると,両スキー場がまさに隣り合わせにならんで見える。右が高鷲,左がダイナかな。

f:id:yPhonist:20160330151918j:image

さすがにゲレンデ部分だけに雪がついている感じである。でも,思ったよりも白いな。チャオならもう少し雪もあるはず。豊富な雪に期待して車を発車させた。

飛騨清美ICで東海北陸自動車道を降り,その後は下道でチャオを目指した。

今回ごいっしょする予定の「サラさん」親子は前夜のうちに到着し,もう滑っている頃。いつくらいの到着になるか,連絡も入ってきた。12時くらいの到着を目指す。

 

高山市を抜け,山に入り,車を進めていって,やっとのこと到着。道路には雪はなかったが,道路脇には雪の山も見られ,またスキー場のエリアないにも豊富な雪。全体にしっかりと雪がついている感じの様子にテンションが上がった。

到着を連絡すると,サラさんが良い駐車位置が空いていることを押してくれて,無事入庫。久しぶりの再会を果たした。サラさんに,二人の娘さんたちはちょうど休憩に下りてきていたらしい。

f:id:yPhonist:20160330151749j:plain

到着直後,滑りたくてうずうずしている私たちはすぐに準備をして,センターハウスへ。このスキー場,小学生以下は無料ということ。一日目の午後からの滑走はいろんなめぐりあわせもあり,かなり安く済ませることができた。

そして,まずはゴンドラで一気にトップへ。といっても,基本このゴンドラで回すのみで,途中ひとつリフトが動いているだけだったのだが。

f:id:yPhonist:20160330152249j:imagef:id:yPhonist:20160330152315j:image

写真は二日目の朝一。

 

そして福山出発から14時間半ほど経過して,やっとの思いで滑りだすところまでたどり着いた。あとは気持ちよく滑るだけ。

景色も最高!

目の前には御岳。

f:id:yPhonist:20160330154524j:plain

振り返れば遠くに乗鞍が見える。

f:id:yPhonist:20160330155714j:plain

しかも晴天。

この景色は良かった。

この壮大な景色の中で滑る感覚は,なかなか地元では味わうことはできないものである。

 

そして,いよいよ滑走。さぞや気分良く滑れるのではないか,そう思ってスタートした。

 

が,,,

思いのほか軽快に行けない。。。

 

バーンが固く,アイスバーン上になってチョリンチョリンするところが随所にちりばめられている。昼過ぎているのに・・・。チョットしたら緩むかな?と思いながら滑ったが,結局終日緩むどころか,リフトの運行時間が終わる4時前にはさらに締まっていくような状況だった。

そんな中滑ったのだが,ポジションをシビアにキープしつつ,ていねいに滑るしかなかった。コブもあるにはあるが,片斜面で癖がある上にこの固さである。一本滑って,「もういいや!」ってなった。

 

しばらくゲレンデにいると,ある人から声をかけられた。

 

「県民の森の方ですよね?」

 

見ると,県民の森のスキースクールに所属している人のスキークラブの人だった。もちろん広島から。総勢5名(内スクールスタッフ2名)で繰り出してきていたらしい。

みなさんとも会い,いろいろお話をした。特にこの雪の状況について。

「こう,チョリンチョリンじゃぁねぇ~・・・」

そんな内容だった。

次の日はどうするのか聞いてみたところ,隣のおんたけ2240は雪が少ないようだし,次の日もしょうがなくここかな,という感じだった。

 

ごいっしょしたサラさん親子とは何本か一緒に滑った。

f:id:yPhonist:20160330155322j:plain

f:id:yPhonist:20160330155449j:plain

娘さんたちも上手くなってて,基本的にどこでも滑れるようになっており,トップからベースまでの長い距離を楽~にクルージングしていた。我々ももちろん一緒に滑るが,途中途中で止まりながら滑る習性が身についてしまっている私たち(特に私だが)にはなかなか馴染めない滑り方となった。調子に乗っていると,突然「チョリン!」ってくるし。。。

 

そんな感じで終了時刻まで滑り,次の行動へ移る。

もちろんお風呂。

お風呂と食事が済ませれば最高なのだが,御岳付近ではそうはいかないらしい。なので,夕食は車で食べられるよう準備してきた。取りあえずお風呂だけ済ませられればいい,ということで,目的地を設定し向かった。30分ほどの移動が必要な感じであったが,途中,出発してから10分経っていないところでお風呂に入れるところを見つけて風呂を済ませることができた。

で,再度駐車場へイン!

f:id:yPhonist:20160330152949j:image

その後はやることもないので,すぐに夕食へ突入!

f:id:yPhonist:20160330152809j:image

まだ明るいうちから夕食に入ることができ,もちろんお酒も注入。

メインの食事は各車でとり,その後はサラさん親子もアミティへ合流して宴会が始まった。つまみは途中のひるがの高原で買ってきていたこのあたりのご当地グルメである「鶏ちゃん」。うどんの入っていたアルミ鍋で炒めていただいた。酒のつまみにはちょうど良い! こんなパターンも今後いいかも。

さて,アミティでの宴会。こども三人はバンクベッドでDVD見ながらひそひそやってて,その下で大人三人は酒盛り。

f:id:yPhonist:20160330153020j:image

楽しいひと時を過ごしながらも,,,

20時過ぎあたりからの記憶がない。

座位が保てなくなり,横になってしまったまでは覚えているのだけど。。。

 

気が付くと,真っ暗になっており,すでにみんな就寝モードとなっていた。

かなり早く寝ちゃったのかも。もったいない。。。

サラさん,申し訳ありませんでした~

 

おかげで?

27日の朝は早かった。

f:id:yPhonist:20160330153052j:image

7時半にはゴンドラが動き出すそうなので,早めに動こうということになった。朝早い方が,固いには固いが,アイスバーンも少なくて良かったというのを聞いていたのもあった。いつものような朝食を済ませ,準備万端でゲレンデ入り。

 

早朝のゴンドラは空いてたので・・・

f:id:yPhonist:20160330153138j:image

そして終日滑り切った。

この日は日曜日で,かなりの混雑感。

朝早いうちは何とかなったが,ちょっと時間が経つと,ゴンドラに長い列が・・・。

f:id:yPhonist:20160330154648j:plain

ゴンドラしかないので,長い順番待ちになった時点ですぐに休憩に。相方ちゃんは数本,リフトでやり過ごしていたらしいが。

昼過ぎにはサラさんたちは引き上げることになっており,休憩後はこどもたちは雪山遊びが多くなった。センター横にたっぷりの雪の山ができており,こどもたちはそこを上っていったり(けっこう急),下りてきたりして楽しんでいた。

f:id:yPhonist:20160330155125j:plain

f:id:yPhonist:20160330160231j:plain

 ゴンドラの列が少なくなってきてからは少し滑ったりもしたが,サラさんたちの帰り支度の気配を感じた頃,私たちも少々滑り飽きた(チャオに)感じが漂いはじめた。翌日もチャオで,とはじめは思っていたのだが,段々と変更の気配が漂い始める。翌日は平日でチャオなら大人1900円で滑ることができる。こどもはタダ。そこは魅力なのではあるが,このゲレンデ状況とバリエーションの少なさではね~・・・。

そういえば,昨日の広島からのメンバー,この日は見なかったな。別のスキー場へ移動したのだろう。

ということで我が家も移動することが決定した。行き先はめいほうスキー場。FBでの,コブ作ったよという報告と,5kmのロングクルージングがまだ楽しめるよとの情報からここに決定した。

 

サラさんたちとお別れした後,移動も考えて早めに上がろうという予定にしていたものの,滑りだすと結局最後まで滑ってしまった。

f:id:yPhonist:20160330161408j:plain

f:id:yPhonist:20160330161825j:plain

最後に再度ムスメちゃんの雪山遊びに少しだけ付き合ってから撤収。場所を移動した。

f:id:yPhonist:20160330155944j:plain

 

 めいほうまでは3時間ちょい位の移動だろうか。途中で高山で風呂を済ませてからめいほう入りすることにした。風呂後は,食事のはずだったが,ムスメちゃんがアミティで食べたいというので,コンビニで買い込み,移動の間で車で食べてた。運転者の私は運転しながらつまめるものを軽く食べ,あとは現地到着後に飲めればいいやという感じに。

高山からめいほうまでは高速を使うものだと思っていたが,一般道で余裕で行けた。というか,その方が近いし早かった。山道がどうかなとも思ったが,そんなに厳しい道ではなく,高山からめいほうまではかなり楽にたどり着くことができた。

 

めいほう到着後は飲んで就寝。

f:id:yPhonist:20160330153244j:image

就寝前にトイレも兼ねて,施設の下見をしたのだが,どうやらムラサキスポーツがはいっているらしい。実は,この旅で自分へのお土産を兼ねて,ヘルメットを買い替えようとしていた。チャオでも探していたのだが,思ったものを見つけられずにいたのだった。

なのでここ,めいほうのムラサキスポーツでも探してみよう,と楽しみにしながら眠りについたのだった。

 

f:id:yPhonist:20160330153521j:image

 明けて,スキー最終日となった29日。

f:id:yPhonist:20160330153326j:imagef:id:yPhonist:20160330153336j:image

平日ということもあり,空き空きの状態でスキーが始まった。動いているのはベースから乗り継いでトップまでつなげる二本のクアッドのみ。

f:id:yPhonist:20160330153615j:image

ゲレンデの滑れる範囲のみ雪があるという見慣れた風景に,どうかな~?,とも思ったが,滑りだしてみてその心配はなくなった。

楽しい!

全長5kmほどあるコース,急な斜面は少ないが,適度に変化があり,幅もある。平日なので人も少なく,好きなように滑れる感じ。もちろん雪質は重めだが,チャオでの固いアイスバーンに比べると断然滑りやすかった。そもそも今シーズン地元ではまともな状況で滑ることができる日は少なく,ほぼ悪雪の中でのスキーだったから,これくらいなら私たちにとっては十分すぎるほどの好条件と言えた。

この枝分かれのないコースだけでもこれだけ楽しめるのなら,全面滑走可能ならどれだけ楽しめるのだろう? これは来年の春スキーに再度訪れようと,今から決心してしまうのに十分だった。もう少し滑ることができるコースが残っているのを期待したい。

 

午前中もあっという間に時間が過ぎ,早めの昼食にしようと休憩を入れた。

そこで,ムラサキスポーツへ突入。

f:id:yPhonist:20160330153413j:image

そして,思った感じのヘルメットを見つけ,ほぼ即決。午後の滑走では新たないでたちで滑ることになった。

昼食後はいろいろ滑りつつ,ビデオをたくさん撮影した。コブあり,親子でのフォーメーションありで,チャオでの滞在の倍くらい楽しんだと思う(チャオでも最後はやっぱりビデオ撮りながら滑ったりして楽しんだんだが)。

f:id:yPhonist:20160330162353j:plain

f:id:yPhonist:20160330162842j:plain

f:id:yPhonist:20160330163229j:plain

f:id:yPhonist:20160330163610j:plain

f:id:yPhonist:20160330163858j:plain

f:id:yPhonist:20160330164420j:plain

午後3時前後に小一時間ほど雨に降られた。その間,私とムスメちゃんは休憩したが,相方ちゃんはカッパ着てまで滑りに出かけた。

f:id:yPhonist:20160330164755j:plain

最後の30分ほどで雨もほぼ止んだのでムスメちゃんと出かけて相方ちゃんと合流。最後まで滑って,今シーズンのスキーを無事終了した。

 

思い残すことは,,,たくさんある。。。

 

昨年はこのあとGWにも滑っているが,今年は日程的に無理。雪も思ったようにはないだろうということであきらめている。

 

ゆっくり後片付けをして,お風呂へ。

お風呂は,すぐ近くに温泉施設があった。

f:id:yPhonist:20160330153652j:image

食事もできる。これなら,車中泊での連泊スキーに来ても便利である。ここでも来年再度来ることを強く心に決めた。

 

風呂の後は,各務原まで1時間40分。これも近くていい。チャオだったら倍かかる計算になる。各務原でバアちゃんと合流して,あとはひたすら福山へ向かう。もちろん途中で車内泊。一日かけてゆっくり帰宅した。

 

まとめ。

【チャオ御岳】

景色は最高に良かった。が,雪質は仕方ないにしても,ゲレンデは飽きやすいかも。あれだけ待たされるゴンドラもツラい。人が多くなりすぎて危険だからと,ゴンドラの代わりに使えるリフトを止めていたのもどうかと・・・。安いのは助かるけど。

【めいほう】

楽しかった~! 雪がまだ多く,滑ることができるコースがもう少しあればもっと楽しめたに違いない。ハイシーズンならなおさら。春スキーでしか行けないだろうけど。来年に期待!

 

【業務連絡】

ごいっしょしたサラさん,そして娘ちゃんたち!

楽しいひと時をありがとうございました~

次はGWかな?

しまなみ方面へ来られるならぜひご一緒しましょう!