読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daily Sketch with...

ロードバイク、スキー、キャンプ、写真が好きなオッサンブログです。家族で楽しんでます。

2016シーズン・イン(トロッフェ・バラッキ)

f:id:yPhonist:20160419223038j:image
先の日曜日、参加してまいりました。トロッフェ・バラッキ。岡山国際サーキット。
スキーの影響で膝に痛みを抱えつつ、仕事も忙しくて十分動けない状態なのに加え、レースの前々日の金曜日の朝には、追突され、軽いムチウチ状態に。大したことはなかったから大丈夫だろうとレースには参加した。

今回はLWCのホイール、F38mm × R50mmでの参戦。
f:id:yPhonist:20160419230429j:image
出発直前まで盛り上がらなかった気分も、準備を済ましてしまえば、あらスッキリ! なんとなく気分も盛り上がってきたのでした。
「めんどくさい性格だな〜」なんてFBで突っ込まれつつも、気分を盛り上げて出発したのが8時もつれ。現地には11時くらいには着いて、余裕を持ってスタートに入れるくらいなのではないかという時間帯だった。

この日は、もともとは雨予報。スタート時刻付近までもつれる予報となっていた。これも気分が盛り上がらなかった理由の一つなのだけど、ホントに雨や濡れた路面で走らなくてはならないようなら「DNSね!」とチネくんとは決めていた。しかしふたを開けてみれば、9時過ぎには快晴。なんとか出走できそうな様子だった。
ただ、行きの運転でも感じていたが、風がかなりきつそう。アミティが、風に煽られる。サーキットからは、「風強〜!」とか「向かい風で全然進まん!」とか、あまり聞きたくない情報が迷い込む。

心配しながら到着すると、ホント向かい風の中ホームストレートを走っている人の姿が・・・。コリャキツそうだ。
そう思って軽くアップを済ませた。

しばらく待って、スタート準備。見るからに早そうな人たちが集まってくる。昨年度が4位だったから、今年はできればもう一個上を、とか思っていた気持ちも萎え萎え。それでも先頭スタートでオープン参加の「ちゃりん娘」のお二人の姿に癒され、なんとか話しかけるチャンスをうかがうも、レース前なので迷惑がかかってもいけないので、控えてしまう人見知りなオッさんになってしまったのだった。結局この日はちゃりん娘のメンバーに話しかけるタイミングはなく終わってしまう。これも目的の大きな一つだったのに。
もう一つの目的は、レースに来ないと、チネくんに「yPhonistさんが来ないと、やっぱり晴れましたね〜!」なんて不当に雨男扱いされるのが嫌だったから。

いよいよスタート。
30秒おきにスタートしていく。私とチネくんのチームは終わりの方。緊張しながら待ったよ。
そしてスタート。去年はこのタイミングで「梅丹ガールズがいたなから」とか思い出しながら、ひっそりとスタートした。あまりハイペースにならない程度に。
だけど、一周する頃には心拍も跳ね上がっており、180bpmを越えていた。最大まですぐですがな。
そんなきつい中、チネくんと交代しながら走ったのだった。
そして走り込みの足りない私は時折ペースダウンをしながら、1時間ちょい走り切ったよ。途中ではチネくんも脚が攣ってたみたいだし、私もヒィヒィ言ってたし。そして心配していた向かい風にも予定通りいたぶられ、去年のレース展開やペース配分は全くと言っていいほど参考にならず、失敗を今回に生かすことはできなかった。
最終回前にはちゃりん娘のお二人になんとか追いついた。あとは近くを走ってチャンスがあれば話しかけたり〜、なんて思っでみたがもちろんそれはできなかった。ペース的に私たちはムラがある。直線で追いついて抜けるものの。上りでまた抜かれてしまう。私たちが平地でも頑張りすぎて上りで体力を使い果たしてしまうからなんだろう。ちゃりん娘のお二人は常に一定のペースでずっと力強く安定していた。あれがタイム・トライアルのペースなんだな〜と感心して見てた。

ラスト一周はちょっとだけ元気も復活して終了。
結果は6位入賞。途中ゴ〜〜ッとか音を立てて他のペアに抜かれたが、アレはムリだわ!笑
f:id:yPhonist:20160419230346j:image
でも商品ももらえて、その商品も気に入ったのでよしとする。

反省はいっぱいあるけど、この時期なのでしょうがないっしょ、と思うしかない。ただのオッさんだから。
なんといっても、あとでガーミンのデータを見て、見事に時間の経過に沿ってスピードが落ちていっているのに笑ったし。。。
次は「もみのき」にソロとファミリーダブルで参戦になると思うので、それまでにカラダをケアしながら強度を上げていくことにしよう。今はまだ無理できそうにないし。