読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daily Sketch with...

ロードバイク、スキー、キャンプ、写真が好きなオッサンブログです。家族で楽しんでます。

iPad Pro 9.7 & Apple Pencilがすべてを変える、、、かもしれない

f:id:yPhonist:20160420222527j:image
大げさなタイトルをつけてしまったが、気持ち的にはあながちウソでもない。
現時点では究極の組み合わせと言っていいのではないだろうか。iPad Pro 9.7とApple Pencilの組み合わせ。

その組み合わせで。私の仕事のスタイルも変わる!
かもしれない。。。

これまでやろうとしていた仕事のスタイルが実現するかもしれないから。

やろうとしていたスタイル

それは、自分の身の回りだけペーパーレス。
必要資料はPDFで取り込んでおいて、手帳の代わりに手書きメモとノートアプリ。スケジュール管理やタスク管理もやって、簡単な文書作成もできて、ネットにもつながる。
残念ながら職場環境的にはペーパーレスとは言い難い。いや、かけ離れているといってもいいくらい紙に溢れてる。
その中で「自分だけペーパーレス」を構築したい。

4年前、そんな夢を見て手に取ったのがiPad 3rd。はじめは新しいおもちゃにワクワクしてつつきまわして使い倒していた。もちろん仕事で。そしてその環境は、それなりに便利ではあった。
しかし最終的には一年半ほど経ってからまた、アナログの世界に戻った。

理由はふたつ。
ひとつは文書の作成と複数端末での取り扱いで手間取ったこと。確か当時はまだOne DriveとかOffice関連のアプリがなかったと思う。互換アプリはあったが、職場で常用するOfficeソフトとの相性は良いものではなかった。テキストの入力はできても、レイアウトが大きく崩れてしまうとかで、使ってみると結構手間がかかった覚えがある。
そしてもうひとつは、スタイラスへの不満。3rdでスタイラスを使った手書きメモを使い始めた時には、物珍しさと楽しさで多少不満があってもなんとか使っていた。しかしそんな気分が一段落してみるとやはり不満の部分はストレスに。それを解消するために数々のスタイラスを取っ替え引っ替えしたが、結局使わなくなっていった。ポイントはズレと遅延。思った時に書けず、その位置もずれてしまって、書いてはundoを繰り返すことになり、手早く書き取る手書きのよさが損なわれたからである。スケッチの時にもその傾向は同様。

これらふたつの点からしばらく遠ざかっていたiPadに、Pro 9.7とApple Pencilの組み合わせで戻ってきた。

この組み合わせで使い始めて四日目。
はじめは、ほぼ日手帳との併用でスケッチで活用しながら様子を見て、と考えていたが、使い始めてその考えはガラッと変わった。

もう、この組み合わせだけでいいじゃん!

そう思った。

そう思うほど、Pencilの書き味はこれまでのスタイラスから飛躍していた。ズレ、遅延ともに気にならないくらいに収まっている。おかげで小さな文字もundoなく書くことができる。
f:id:yPhonist:20160420223424p:image
これがPencilを使いながら雑感を書き足していったもの。右上の方はかなり小さめの字を書いているが書けている。字が汚いのは元々なので仕方ないし謝りません。
f:id:yPhonist:20160420223617p:image
これが、Bamboo Fineline 2を使っていつものスピードで書いたもの。

似たような文章を同じペースで、Pencilを使って書くとこうなる。
f:id:yPhonist:20160420223744p:image
ストレスフリー!

このように、特にNoteshelfとの相性も良く、ホントにこれがあればノートはいらんわ、っていうくらい快適にノートをとることができるようになった。オマケにこのNoteshelfのバージョンアップで、取り込んだPDFへのアノテーションもしやすくなってる。快適だ!

ちなみに冒頭の写真のケース。ペンホルダーも付いていて、Pencilもいっしょに安全に持ち運べる。このPencilの持ち運び方が運用上問題になるのでこのケースは良い! ただ、スマートキーボードが来たらどうしようか、対策は考え中。

そして、文書作成はOfficeアプリで。私が扱う程度の文書作成はiPadのOfficeで十分対応できる。仕上げはPCになってもそう大きな支障はない。One Driveがあれば複数の端末で編集できるから結構マメに仕事に取り組める。実際に、移動した各場所での隙間時間で書類をいくつか仕上げることができた。ノートPCだと案外そうはいかない場合も多い。起動に時間を取られるため、作業を頻繁に中断してまた再開するというのはやりにくいが、iPadだとこれがかなり楽にこなせる。

今の所この組み合わせがあれば、普通に手帳として持ち歩いて活用するのもかなり現実的になってきていると感じられた。

そういうわけで、さっそくほぼiPadのみで日々を過ごすスタイルに移行しつつある。既にほぼ日からは気持ちが離れはじめている自分に気づいたからだ。このクオリティなら、無理に多種の媒体と併用する必要もないと判断している。
あとは慣れ、かな。iPadでの日常に慣れれば「自分だけペーパーレス」は思ったよりも早く実現できることになりそうだ。

今週末と来週はじめには出張がある。そこでもiPad ProとPencilだけを持ち込み、身軽な出張を体験してこようと思っている。まわりの目がちょっとだけ気になるが。