読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daily Sketch with...

ロードバイク、スキー、キャンプ、写真が好きなオッサンブログです。家族で楽しんでます。

チョットはイイ感じかも

f:id:yPhonist:20160529215947j:image
今日は、朝からスキークラブの総会があり、広島方面へ。そこでは、尊敬する技術選プレイヤーから板を二本譲っていただいた。全日本技術選を滑った板!
私がはくのは恥ずかしいくらいのイイ板なのだが、これからも精進することを誓ったのでした。総会後、早速チューンに出してから帰宅。
帰宅後はテンション高いまま、すぐにワークアウトへ!
今日は二本立て。

一本目は、FTP Builder W4D5 Option。軽めに回復も兼ねて45分ほど〜という感じのワークアウト。まあ、これは無難にこなしました。ただ今回はケイデンスを高めにキープしてみた。平均で98rpm。やっぱり楽だったな〜。でもやりすぎると心拍の方がバクバクになっちゃうんだよね。どうバランスとってけばイイんだろ。。。

で、二本目は、Watopiaのヒルクライムのタイムアタック。これまでにも何度かチャレンジした、EPIC KOM。結果的には、2分近く時間は短縮できた。しかも、がむしゃらに踏むのではなく、ある程度ペース配分を上手く行って。前回、約28分弱だったので、30分近く頑張らなきゃならないことになる。ということで、一本目でやったようにケイデンスを高めにキープしながらまずは230W弱をめどに回した。とはいえ、一本目のワークアウトの時みたいに平均98rpmとかはない。斜度のキツくないところでは90〜95。キツイところで85程度という感じである。また、疲労を分散する意味でも、同じような斜度であっても、ケイデンスを上記の範囲内で意図的に変えた。すると、なかなかイイ感じで、体感的なキツさは以前ここを走った時よりもかなり楽に感じられた。また、斜度が変化しても、とにかく上記の範囲を意識してキープしていると、自然とリズムができてきて身体に馴染んできた。斜度に応じてケイデンスがバラバラに変化するとそれだけでリズムに乗れず脚にきたり、心肺に来たりしていたのに。。。
そんなこんなで前半は一定ペースで、突っ込みすぎずに距離を刻んでいくことができていた。そして後半に入ってから、少し上げていく脚の余裕も残っており、250W弱めどに切り替えた。この時もギアを重くして、という感じでなく、ケイデンスをチョットだけ上げていく感じで。途中にはダンシングで、脚の疲れを分散させ、再度引き脚を使うペダリングに戻した後、ラスト数分はやや踏み加減で残った脚を使い切るというのを試みた。キツイかな〜と思ったが、これが案外できる。リズムに乗って踏むことで案外出力をキープしたまま上がることができた。
f:id:yPhonist:20160529220100j:image
結果としては、EPIC KOMの暫定6位。前の時は4位だったが、タイムは2分程度短縮している。
ここんとこ続けてきたワークアウトのおかげかな。ペース配分についても、225W、255Wなどといった繰り返し意識してきた数値が感覚的にひどく遠い値でないというのを実感できていて、それが無理ではないというのが理解できていたおかげもあると思う。力をつけていくためのワークアウトではあるが、自分の指標になる数字としてペース配分に活かせることができると力強いな、と感じた。

そして、ワークアウトも4週が終了。
チラッとだけ気になり、5週目を覗いてみたが、また少しきつくなってた。でもできなくはなさそうな雰囲気。
良い結果を残さず、最低の数値であっても(許容範囲の中で)最後までやり切るというのが肝要なので、残り二週、頑張ります!