読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daily Sketch with...

ロードバイク、スキー、キャンプ、写真が好きなオッサンブログです。家族で楽しんでます。

ケージから飛び出したハムスターは、再びしまなみをめざす

f:id:yPhonist:20160718232335j:image

ここのところ実走の機会が増えている。

それまでは、ケージに入れられローラーを回すハムスターといったところだっただろうか。

寒いとき、忙しくて時間が取れないとき、雨のときなどに阻まれたというのもあったが、トレーニングの観点から効率の良いローラーを取っていたというのもある。

しかし、さすがにこの時候。梅雨もつい今日だかに明けたとか。暑い中ではあるが、一緒に出かける人がいれば自然の風を感じながら走る爽快感を味わいたいと思ってしまう。そんな感じでここ3週間ほどは実走の機会が増えてきた。

 

一昨日にほぼほぼシタハン縛りで180km弱走った疲れも少し残り、その姿勢維持のおかげで首肩が痛くて回りにくい感じとなっていた昨日の夕方までは、今日は走りに出なくても、短時間集中でハムスター生活に戻ってもいいのではないかと考えていた。しかし、突然ジャイアントさんから連絡が。用件は別にあったのだが、やり取りの途中で「明日は何か予定あるんですか?」と問い合わせがあり、即座に食いついてしまった。「疲れは大丈夫?」と心遣いもいただいたが、「長くなければ大丈夫」なんて返して今日のライドが決定した。「長くなければ・・・」なんて言いつつも行き先は今回もしまなみ。長くならないわけはないのであるが。

 

痛む首と肩に湿布をはり、就寝。朝、起きたときには、だいぶ楽になっていた・・・、なんて都合のいい話はなく、やっぱりまだ痛い。それでも走っている間に馴染んでくるだろうと考えながら、準備。出で立ちはいつも通り。

ここでひとつ書いておきたいことがある。それは、今使っているアイウェアのこと。現在、OAKLEY EVEZero Rangeを使用しているが、一昨日のシタハン縛りでその実力を遺憾無く発揮してくれた。軽いというのも良いところだが、何よりもその上方視界の広さがかなり助かった。シタハン縛りだと、当然、頭を起こし過ぎてしまってはもったいない。また、首を余計に起こさなくてはならないので負担にもなってくる。その点で、上方視界の広さのおかげでかなり助かったのである。頭を起こすのも必要最小限で済んだ。これまで使用していたアイウェアだとフレームが邪魔になってもう少し頭を起こさなくてはならなかっただろう。この快適な視界の中ではヘルメットEVADEの先端部分が邪魔に感じてしまうくらいである。

ということで、今日も使用アイウェアはOAKLEY EVEZero Range。基本これしかないと思われる。もちろん、夜走るときには透明レンズのものを使うが。

 

さて、話を戻す。

集合は8時。しまなみに向かうときにはいつも集合する場所である。

到着すると、すでにジャイアントさんは待ってくれていた。新しく購入したS-WORKS 6 シューズを履いて。私も購入しているが、ここのところクリート位置の探り出しのため、古い方を履いている状態。そろそろ位置も定まってきたので、それをS-WORKS 6に反映させてローラーあたりで慣らしに入っていかなくてはと思っているところである。

 

今日のテーマは。上りの短時間、やや強い強度を維持すること。しまなみに入るとところどろこある上り。そこを230W〜300W程度、SST〜FTP〜VO2Max付近を上りの間(2分〜3分程度)維持する。あとの平地や下りは流して気分良く。といった感じだった。ジャイアントさんにも付き合わせてしまった。

 

天気は、一昨日よりも良い。今日は雲も少なく、日差しもしっかり浴びるくらいだったが、幸いなことに空気は冷たさが残っており、走っている分には涼しさを感じることができるくらいだった。止まった直後は暑いが、湿気が少ないのか休憩している間にはその暑さもしのげるくらいの体感となるのだった。

 

で、出発。基本ジャイアントさんとチョコチョコ交代しながら走った。先行時150W〜190Wくらい。後ろにつくときには120W〜160Wくらいのペースだった。

f:id:yPhonist:20160718232814j:image

パワーメーターがなく、速度でペースを維持していたジャイアントさんには、ときおりだいたいの目安として現在の出力を伝え、それを参考にペースを維持しながら走った。なかなか快適な巡航となった。そしてついでにパワーメーターもオススメしておいた。多分そのうちいくな。そうなると、一緒にペース維持がしやすくなってロングライドがさらに楽になるな(笑)。

 

最終的に大三島をぐるっと半周ほど回って帰ってくるルートを取ったのだが、そこまでのいくつかの上りはキープする出力を決めつつ、上りの時間を維持した。230W(SST付近)、250W(FTP付近)、300W弱(VO2Max)と課題を決めて。その間は各自のペースで。ジャイアントさんとほぼ一緒になったり、先行したり、先行されたり。

で、とりあえず目的地として設定した、大三島の「せとうち茶屋」へ。少し早めの時間でもあったので軽くざるうどんで昼食を済ませた。

その後は大三島の外周コースを半周して帰ろうということになり出発した。

この外周コース、上りが少ない方の半周だったのだが、とても走りやすいルートでなかなか楽しくいただいた。

f:id:yPhonist:20160718232912j:image

ところで、大三島に渡ったあたりで、フロントギアがアウターに入らなくなったジャイアントさん。後にワイヤー伸びとわかるのだが、ルート的に上りが上れれば良いので、そのまま走り切った。しかし気持ちの良いコースでは当然高ケイデンスに。それはそれでせわしなく内股が筋肉痛になりそうだと言っていた(笑)。

 

帰りも、行きと同様。上りでしか脚は使っていないので、最後までゲンキ!

上りの度に、そうは言っても脚は使い果たしていこう、と負荷をかけるようにした。とはいえ、間はしっかり空くので、その間に回復もできるので最後まで余裕が残っていた。

 

f:id:yPhonist:20160718233102j:image

ちゃんと「白くまくんアイスブレイク」もいれたね〜!

 

途中で休憩を挟みつつ、向島のコンビニまで到着すると、目の前を見たことのある面々が通り過ぎていった。しばらくして引き返してきてくれたが、SRさんとN田さん、T橋さんたちだった。

f:id:yPhonist:20160718232949j:image

朝からポタリングで瀬戸田で昼食をとって帰ってくる途中だったらしい。そしてその後は通り道になる私の自宅付近までご一緒することになった。

ところで、この休憩の時にはサドル高さを2mmさげてみた。2週間くらい前に3mmほど下げていたのだが、そこからさらに2mmほど下げたのだ。3mm下げた前回、少し感覚が良くなってきたのだが、まだときおり下死点で伸びきり感があったので、もう2mm、となったのである。再スタート後の感触はかなり変わって、すごく乗りやすくなった感じ。さらに、微妙な姿勢の変化にも対応しやすく、いろんな乗り方ができるようになり、おかげで身体のいろんな場所を取っ替え引っ替えしながら使って疲れを分散させやすくなりそうな気配を感じた。これ以上下げると行きすぎるんだろうなという予感もあるので、これでしばらく乗り込むことにしよう。

 

向島から尾道に渡った後、最近尾道の海岸通りにできた自転車屋さんに寄ってみようということになった。

f:id:yPhonist:20160718233010j:image

そこはロードバイクのレンタルもしているようで、様々な小物も在庫として取り扱っていた。U2のジャイアントストアまでは遠回りになるので、途中にこのようなお店ができたのは嬉しい限りである。

 

尾道から自宅付近までは基本追い風ヒャッハー。自宅付近を通るために一番先に抜けることになる私が先頭を走ったが、追い風のおかげで快適に巡航しつつ無事今回のライド終了。

 

f:id:yPhonist:20160718233030j:image

今日も敢闘賞(笑)

いや〜、気持ちの良い一日でしたわ!

あ、気がつけば、首と肩も回ってる。よし!