読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daily Sketch with...

ロードバイク、スキー、キャンプ、写真が好きなオッサンブログです。家族で楽しんでます。

Comply TSシリーズ

Daily iPhone

f:id:yPhonist:20170309221946j:image

ここんとこけっこうお世話になっているBluetooth音響機器、Bluetoothスピーカーとイヤホン。もちろんのiPhone7との組み合わせで使用している。

Bluetoothスピーカーである、Pill+は職場(休憩時間等にたまに)と主にはスキー場への移動の際に。これまでと違ってスキー場までの長くたいくつ(といっても嫌いではないひと時ではあるが)な時間帯が快適になった。ONYXは自宅における家事の時に。先日は帰宅するとさらにはやく帰った相方さんがペアリングして曲を流して夕食の準備をしていた。うん、音楽のある生活って、やっぱいい!

そして、イヤホンの方もいろんな場面で使っている。

と、ここで、これまで気になっていたComplyのイヤーピースを試してみる気になった。これまでは純正、またはもっと安いウレタン製のもの。それなりに楽しんでいたが、Complyのイヤーピースの装着感だとか音質の向上感など、ネットでの評判がすこぶるいいので試してみることにした。

中で選んだのは、丸型のTSシリーズ、TS-400とTS-500。400とか500とかって、イヤホンにピースをつける部分の径になっているらしい。なぜに400と500かと言われれば、それはまた後ほど。

先日届いたので、さっそくpowerbeats3にTS-400をつけてみた。

まず装着感。それまで使っていた安価なウレタンのものよりはグイグイくる感じは少ない。でもだからといってスカスカな感じなのではなくうまいことはまっている感じで、音も繊細に聞こえてくる。音質は、これまでのものよりも低音がしっかりと響く感じ。高音は少しマイルドになったかもしれない。私には好みの感じ。

ただ、このComply、コスパがかなり悪いんだとか。。。

今回はそれぞれ3ペア入りのパッケージを購入したが、1ペアあたり2〜3ヶ月程度でイってしまうんだとか。使い方にもよるんだろうけど、そんなに耐久性はないんだって・・・(泣)。それをわかっていてなぜ買ってしまったのか・・・。それは、イヤーピースで劇的に音が変わるのかという点の「検証」という名の単なる好奇心。鈍感だとはいえ、できれば「良い」と思える音質で聞きたいもの。Complyでどれくらい変わるんだろうか?、と・・・。

ハイ!、結果変わりましたね、確かに。耳の中での密着度が増したお陰か、低音がいい感じに響いてくれてます。確実に音質は良い方に変わりました。ずっと使い続けたいもんです。そう思います。

実際に使ってみる前までは、そんなに変化はないんでないか?。あってもそう劇的な違いはないのではないかと。それなら使い切ってしまったあと、また別の安めのやつを試してみれば良いじゃん! くらいに思っていた。

しかし、この音質向上を味わってしまった今、チョット困ってしまってる。コスパ悪いのを知りながら、使い続けるか、イヤーピース探しの旅に出ることになるのか。。。どちらにしても結局出費はかさむことになる。当面は今ある在庫分のピースを丁寧に扱って持たせるのを最優先課題としなくてはならない。

 

ところで、もうひとセット別に買った、TS-500の方はというと、実は、beats X 用だったりする。そう、beats X も我慢できず購入に至っていたのだった。こちらだと「500」の方がいいらしいというのをみかけたので、それに従って。

 

ここで、このbeats X の私にとっての存在意義について。まあ、つまりいい訳になるのだが。

powerbeats3は確かに便利。音も好き。だけど、イヤーフックが案外ネックになる。付け外しに少々手間取ってしまうのだ。例えばローラーを回したりだとか、ジョギングなどといったワークアウト時には落ちる心配がなくていいのだが、というかそれも目的の一つとして購入したというのも事実であるが、そうでない時の使用時、この付け外しの手間が少々億劫になってくる。贅沢な話ではあるのだが。それが「X」だと、取り回しが良さそうな「気がする」。普段使いで付けたり外したり、またその時に首にかけたままにしておけるなど、使い勝手がよさそうな「気がする」。まだ現物が手元にないのでなんともいえない部分ではあるが。某ネット通販で買うと価格がかなり高めに設定されていた。バカらしいので、数日待つことも覚悟でAppleで購入した。その価格差数千円。完全にぼったくってるモン!

ただ、この「X」案外低音がスカスカらしいという情報もある。それを補うべく、Complyに手を出した、というのが実のところ。つまり、今回の記事に書いた内容は実は順番ば逆で、「X」ありきなのだった。その低音を補うためにComplyを試してみる。そのついでにpowerbeats3用も購入し、先にこちらを使ってみた、という流れである。もちろん、興味は持っていたのだが。

 

もう少ししたら、「X」の方も到着する。純正のイヤーピースとComplyで比較して、こちらもどれくらい変わるものなのかは確認してみようと思う。