Daily Sketch with...

ロードバイク、スキー、キャンプ、写真が好きなオッサンブログです。家族で楽しんでます。

果たして自分の調子が悪いのか? パワーメーターの値がおかしいのか?

f:id:yPhonist:20170902152624j:image

久しぶりに四川ダム上りへ行ってきた。

ここんとこ絶不調でFTPもダダ下がり、下がったFTPでワークアウトをこなしても思ったように維持できず、「ああ・・・、ひどく体力落としちゃったんだな」と、気分はかなり落ち込んでた。

なので今シーズンはもう終了で、来シーズンに向けてのベーストレーニングに入ろうとしていたところ。

 

そんなタイミングで、AR-Kアニキが四川にアタックに出向くとのことでちゅう吉に集合した。

今シーズンは、気分的に終えたから、秋の間に四川でのタイム更新とか、近場のSTRAVAセグメントでの記録更新とかを励みに走りまわろうと計画してたところだった。

そうすれば今の状態もなんとなくわかるだろうし。

 

今回は全力を出し切っても大したことはないだろうが、それでも現状を正確に把握するためにアップもがんばってみた。自宅近くのmyコースセグメントにて、ギア軽めで心拍を最大の90パーセント超えるくらいまで上げておいた。そして感覚的には、あれ?、なんか調子は悪くないな、と。この時点でセグメントのタイムは見ていないのでベストのタイムとどれくらい差があるのかわからなかったが、感覚的にはまあまあなペースで走れてるかもなという感じがしていた。しかし出力値の方は相変わらずパッとしない。なのでこの感覚と数値の違いはなんなんだろうか?、とちょっとモヤモヤした感じで、回復走をしながら、ちゅう吉に向かった。

 

ちゅう吉到着後、少しダベって四川へ移動して、登坂をしてきた。

 

結果は、ベストのタイムと同タイム。STRAVAの記録では、もう30秒ほどかかっていたが、これは多分スタート前に区間にかかっちゃって、計測を開始していたところ、それをリセットしたくてチョット道を外れて走ったりしていたのが影響しているのだと思われる。

いつものスタート位置で、と言ってもずいぶん間が開いているが、ラップの計測は開始し、いつもの場所で再度ラップボタンは押しているので、こちらの方が今回は正確だと思う。

 

振り返ってみれば、全線通して安定して走ることはできていた。タイムはあまり気にせず、現状で表示されるパワーの値と心拍を頼りにペースを刻んだ。ベストの時の平均値よりもはるかに低い平均値と出力値が表示されているが、それを頼りに局面に合わせた目標値を設定しながら走った。感覚的にはこの時も悪くないイメージ。

平均のケイデンス186rpm。

途中の下り区間まではいいペースだという自覚はあった。なるべくガーミンは見ないよう心がけたが、雰囲気は悪い感じではない。

しかし、一旦下ってからの、展望台横の上りで少しペース、というか出力が上がらずに停滞気味になってきた。今回は、ま、いいか、という感じ。気持ち休んで終盤に余力を残しておこうと思ったものの、ちゅう吉までのアップの効果か?、心拍はスタート直後からスッと最大心拍の90パーセント以上に入ったままだった。それでもケイデンスが落ちないようにだけ気をつけて終盤まで行った。

実はこのアタック、アニキが時間をおいてスタートしていて、どこかで追いつき、抜いていく予定だった。「抜かれれば、緩められる」なんて弱気な気分で、ヤキモキしながら後ろをちょいちょい振り返っていたが、追いついてくる気配は感じない。後で聞いたところによると、思ったよりも大きなタイム差をつけてスタートしたらしい。おかげで最後まで、追いつかれ、追い抜かれるかもしれない恐怖と戦いながらの、登坂となってしまった。

ただ、最後の緩やかになったところでは、スプリントする余裕もあった。アレ?、出し切っていない?、そんな感じもしながらゴール!

 

結果は先に述べた通り、自己ベスト・タイ。ほぼ。

f:id:yPhonist:20170902152140j:image

タイムはわかった。それに対して、平均出力は?
それは帰宅後の比較になる。が、明らかに前回のベストの時と比べて低そう。。。
でもタイムは・・・。
ここのところ、思った出力を維持できずかなり凹んでいたのだが、タイムとカラダで感じる感覚で考えてみると、そこまで調子が悪い、という感じでもなさそうだった。ではなぜ出力が低く出てるの?、そんなことを考えながら下山し、ちゅう吉にちょっと寄って帰路に着いた。

 

帰りには、ちょっとチャレンジしたい区間があったので、四川HC後ではあったが行ってみた。この区間、店長がKOMを取っている。平坦なので私もチャレンジしてみたいと思っていた。しばらく前にも「通過」はしていたが、ただ通過しただけだったので、箸にも棒にもかからない状態ではあった。
今回は一応の全開。できるだけ効率よく走ることに徹した。
結果は2秒及ばず!
でも、今後につながる結果だったと言っていいと思う。またの機会にチャレンジしてみようと思う。

 

さて帰宅後は、過去と比較できる3つの区間を比べてみた。まずアップ区間。出力は低かったが、それほどベストから遅れてはいない。

そして四川、前回のベスト時の平均出力よりも70Wほど低い平均値でのほぼ同タイム。

ん???

そして店長KOMの区間。

 今回がもちろんPBで、前回通過した時よりも35秒の更新なのに、出力の平均は90W近く低い・・・。

ん???

 

こ、これは、明らかにおかしい(笑)。

 

この違和感は、前回ベクターペダルを付け替えた時からか?

可能性としては、トルク管理がうまくいっていないか、校正がうまくいっていないか、ポッド検知がうまくいっていないか、、、あと故障か?

 

これまでベクターを信じきっていたから、あまり疑問を感じていなかっが、感覚的に値が低すぎるな、と感じたことは何度かあった。特にたまに実走した時には。あの感覚は正しかったのか?

とりあえず、どうもパワーメーターの値が少しおかしいようだ、ということがわかったので、少し気分を良くしている。しかし、故障だったらどうしよう?

すでに3年ほど使ってるし、VECTOR 3も発表されてるし、、、なんてことまで考えてしまっている。

とりあえずはペダル取付をやり直してみた。明日ペダルポッドの検知も再度やってみる。なんとか値が戻るといいんだけど。。。