Daily Sketch with...

ロードバイク、スキー、キャンプ、写真が好きなオッサンブログです。家族で楽しんでます。

タダでは帰れないw

f:id:yPhonist:20171018205243j:image

今日は出張で広島へ。

写真は福山駅前。朝は空が綺麗だった〜。

とはいえ、出張が続いていて、ホトホト疲れてる。

疲れているのに広島まで朝早くから行かされ、タダで帰ってくるわけにはいかない。そこで出張後、あるものを買って帰ることに決めた。

 

その、あるものとは・・・。

 

事の発端は、先週の東京出張までさかのぼる。

ホテルで同室だった同僚。

彼は出発前から「イビキうるさいんだ〜」って言ってた。なのでその対策として、ただ今絶賛愛用中の「beats X」を持っていっておいた。就寝時それでイビキの音を軽減してやろうと。

三泊のうちの一泊目から活躍の時が訪れた。

だいたいの行動パターンとして、一人だけでどこかでユックリ過ごしてから寝る習性を持つ私。その日もホテルのロビーで少しボ〜ッとしてから部屋に戻った。すると同僚はすでに深い眠りの中。アレ? 思ったより静かじゃん。最初はそう思った。が、しかし数秒後、無音の状態から一気に苦しそうなイビキの音、というより息をしようとして喘いでいる感じの音が。そしてまた無音の時間帯に。。。そう、多分彼は「睡眠時無呼吸症候群」なのだと思う。

ある程度のイビキが続くのなら、なんとなく我慢できるが、無音とイビキ(しかもかなりの音と苦しそうな様子)が交互に繰り返されると、気になってしょうがなかった。すでに0時も回ってるのに。

そこでbeats X 大活躍。

多少きになるものの怖くなるほどのイビキの音は軽減され、なんとか眠りについた。

ここまでは良かった。

早朝トイレに起きた時、まだ beats X をつけたままなのに気づいた私は無造作に外してしまった。そしてその後の beats X についての記憶が全くない。

つまり失くしてしまったという雰囲気。

しかも初日に。

 2日目と3日目はさすがにちょっと地獄を見た。

しかし、そんなことよりも、お気に入りの beats X を失ってしまったことが悲しかった。

 

本当なら今日の出張時のバスでも beats X を使っていたはずである。今日は仕方なく「powerbeats3」を使用したが、若干目立ってたかも。

 

というわけで、タダでは帰らんぞ! と意気込んで、仕事帰りに某家電量販店の本店へ寄った。

そこで手にしたのがこれ。

f:id:yPhonist:20171018205117j:plain

SONY WF-1000F

左右独立式の完全ワイヤレス。そしてノイズキャンセリングの機能付き。少し連続再生時間が少ないのが気になるが、それは powerbeats3 などとの使い分けでなんとかなるかな、という判断をした。

ノイズについてはキャンセルするだけでなく、外部の音をマイクから入れて、それを耳に聞こえるように流してくれるという外部音取り込み機能もある。「ノーマル」と「ボイス」モード。どちらも試したが、外の音がいい感じで聞こえてくる。安全上と必要な音までかき消されないという安心感がある。

ノイズキャンセリングの機能もしっかり働いていて、バスでの帰りの道中使ってみたが、アナウンスの声などなんか言ってんだろうな〜くらいの聞こえ方で、beats X の時みたいに内容まではっきり聞こえてくるということはなかった。これから便利に使えそうな感じ。

 

ただし、ただしである。

音は正直好みでないかも。beats X、そしてpowerbeats3の方が好きかも。耳に馴染んでくればいいのかもしれないが、使い分けでしのぐことにする。

 

というわけで、今日の出張はタダでは帰らなかった。むしろ金払ってきてやったわw。

 

ところで、

ホントにところでの話になるが、今日は休脚日にする。土日月と少しきつめのワークアウトをやっており、連続4日目となる昨日、「耐久」ゾーン程度で軽く回しておこうと思ったものの、その「耐久」ゾーンですらかなりキツく、踏み切れなかった。途中で完全にあきらめて、アクティブ・リカバリにしてしまった。

 

ということで、今日はお休み。明日再開となる。

 

そして、天気が良ければ次の土曜日あたり、四川に行ってみようかと。実はこれまでのデータを振り返ってて、調子良さそうな時のある数値の動きに特徴があることに気づいた。そして今、その数値的には調子が上がってきつつある状態となっているので、その検証をしてみようと思っている。もしこの数値をあてにできるなら、今後のピーキングに役に立つのではないか、とちょっとだけ期待してる。以前、ガーミンさん計測のVO2maxの変動を手掛かりにしようとしたが、こちらはあまりあてにならかった。今回も関係ないかもしれないが、とにかく何か指標になるデータが欲しいものである。