読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daily Sketch with...

ロードバイク、スキー、キャンプ、写真が好きなオッサンブログです。家族で楽しんでます。

上半身も何とかしなきゃ!

ここ数年,肩が痛い。

特にここ数カ月は腕を上げると激痛が走る。

いわゆる四十肩?,,,

いや,もう「五十肩」と言っていい年齢になりつつある。

原因は?

肩まわりの筋肉が衰えて,うまく動かせないからかな?

そういえば私の上半身は,恥ずかしいほどに華奢。

比較して下半身は立派。

そんな感じである。

つまり,私の弱点は「上半身?」

逆にいえば武器は「下半身」・・・なんかいやらしいけど。

とはいえ,武器といえるほどの強さを持っていない,まだまだ「貧脚」な私。

それに比べてもさらに「貧相」な私の上半身という構図が成り立つ。

 

この,四十肩とも五十肩とも呼びたくない,肩の痛みに対するため,少しでも筋力アップをしようと,先日よりジムに通い始めた。「ナイト会員」というヤツで,平日21時から24時の間使えるというパターンで。

そのジムでは,有料で身体の状態をスキャンし,目的別のメニューを組んでくれる。二回目となる先日,それをやってみた。

「目的」は春に向けての体力作りとカラダを絞ること。もちろん肩の痛みにも対応。

ということで,一番初めに「スキャン」してもらったのだが。出てきたデータに驚愕であった。「驚愕」といっても,予想していたことではあったのだが,「見える化」されるとそのインパクトは思っていたよりも大きかった。

 f:id:yPhonist:20150925112608j:image

結果は,脚の筋肉は標準を上回り,もうちょいで「アスリート」の域に入る数値。一方,体幹と上半身は,どちらも「標準以下」という情けない結果に。。。

わかってはいたが,あらためて見てみると,そのアンバランスさに笑いが出てくるほどだった。自転車とスキーをやっているので,脚の筋肉が発達するのはわかるが,それを有効に発揮させるための体幹がサッパリ,というのはなんだかもったいないという気もした。

そこで「メニュー」は,体幹強化と胸と腕の強化に絞っての筋トレを中心に組んでもらうことにした。その上で実際に「やり方」のレクチャーを受け,それぞれ3セット。その後有酸素運動としてトレッドミルを30分ほど。こんな感じでメニューが出来上がった。

この日も3セット,肩の痛みが出ない範囲での筋トレを行なったが,翌日以降,肩の可動範囲が広がっているのに驚いた。痛みが出る範囲が少し狭まっているような。そして力も入りやすい。

やはり,五十肩だったのか・・・,といったなさけない感じである。

それにしても,せめて上半身も人並みに戻さなくては!