読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daily Sketch with...

ロードバイク、スキー、キャンプ、写真が好きなオッサンブログです。家族で楽しんでます。

Bluetooth スピーカーとイヤホンを使い始めてから二週間経過

ここのところ、昔のように音楽を聴くという習慣のない生活を送ってきていた。ちょっと前、いや既に2年経過しているが、車がキャンピングカーにかわる前にはクルマで音楽を聴いていた。長距離のドライブの時や通勤時を中心に。そのためにスピーカーもかえたし、ツイーターもピラーを加工して設置したりしてきた。

ところが、キャンピングカーにかえてからは、全く音楽とは縁のない生活を続けてきていた。中古で購入したキャンピングカーであるが、ナビは付いていたのでそのオーディオ機能もあるにはある。一度使ってみたこともあったが、まあ元がトラックなので、低音はかき消され聴く気はすぐになくなった。そのためにスピーカーを交換したりするのもなんなので、もう音楽はなくてもいいや、って感じで3年ほど経過している。

ところが最近、Apple Musicを体験。遠い?昔聴いていたあんな曲やこんな曲を取り込んでは聴いてみたところ、車の運転中や普段の生活で「音楽を聴きたい」と思うようになり、Bluetoothスピーカーとイヤホンに手を出した。

ただ聴くだけならiPhoneのイヤーポッドで十分なはずだった。しかし、これまたたまたまのタイミングで機種変更したiPhoneは「7」。イヤホンのコネクタもライトニング化され、充電しながら聴くことはできない仕様に。また、イヤホンで車の運転というのもあり得ないのでその部分はスピーカーで、というわけで、「Bluetooth」コネクトの登場となった。

 

まずはイヤホンから。事務仕事を集中してするときにつかいたかったので、まずはこちらを探しはじめた。一昔前に一度試したことがあったが、接続が途切れるわ、大きいわ、音はスカスカだわ、でしばらく遠ざかっていた。その時の印象があったので、まずはコスパ重視で探し出したのが「SoundPEATS Q12」。3千円せずに手に入る割に音もソコソコとの評判。

こんな書き方をすると、「音」にこだわりを持っているのか?と思われてしまうかもしれないが、そもそも音に関しては素人。ただ、好みの音の傾向ははっきりしていて、その好みに合うかどうかという点と、聴いててスッと耳に入ってきて疲れないか、という点が大きなポイントになる。

その点、この「Q12」はさすがにコスパが高いとの評判だけあって、嫌いでなかった。いや、むしろこれまでのBluetoothイヤホンとiPhoneのスピーカーからの体験に比べれば十分納得のいくものだった。

 

これに気を良くした私は、次にスピーカーを探しはじめた。こちらもまずはコスパ重視。そして家ではもちろんのことクルマでも、そして場合によっては職場でも聴くという目的を持っていた。色々な候補が上がり、視聴もしてみたが、その経過については過去記事で触れているのでここでは触れない。その中でなぜか手を出したのは当初の目的のためにはやや大ぶりすぎるのではないかと思われる、「harman kardon ONYX STUDIO」だった。視聴したわけでもないが、コスパに惹かれた。家で鳴らしても、音も聴きやすい。家事の時や風呂に入っているときにも近くで鳴らしているが、とってもいい感じ。ただ、クルマで聴くとなると大きすぎて、置き場所に困るため、もっとコンパクトなものを探すことになった。

 

ここで、それまで気になっていた「beats」登場。まずはスピーカー。「pill+」に的を絞った。それまでの視聴で好みだった「BOSE」よりも好みに合っていそうな感じのレビューも多く、値段も数千円安くすむ感じだったのでこれに。実際に届いて鳴らしてみても大満足。もちろんすぐにクルマで鳴らしたが、こちらも満足で、スキー場への行き帰り、車中泊時の夕食や朝食のときに慣らしておくのにもちょうどいい感じだった。

 

そして、そうなるとこれまた気になっていた、同じく「beats」の「Powerbeats3 Wireles」も気になってしまった。「Q12」でもあれだけの音が出るなら、こいつならどれくらいの気持ち良さが味わえるのだろう?

ということで、即購入。

実際の音は、一番感動した。

時間をおいて聴けば、「Powerbeats3 Wireles」も「Q12」もキチンと鳴らしてくれてそれなりに聞こえる気になる。しかし、つけかえながら「聴き比べ」てみると明らかに音が違っていた。特に低音の広がり。低音の「強さ」ではなくて「広がり」である。「Q12」では聞こえなかった低音の、、、どう表現していいかわからないが「先端部分?」の音が広がりを持ってよく聞こえてきた。その他の音も耳に優しく伝わってくる感じ。これが価格の差なんだな、と感じた。

 

そんなわけで、「Q12」は家で寝る前に、「Powerbeats3 Wirelesは仕事中」メインで、「pill+」はクルマと職場で、「ONYX」は家で、という感じで使い分けしながら活用している。

 

こんな感じで、Bluetoothスピーカー及びイヤホンを使いはじめてからの二週間。

私の心は満たされ、潤いを取り戻しつつあるのだが、家族の視線はさらに冷たくなってきているもよう。。。一人でローラー回しているときと同様の視線を感じてしまう。

結局なにやっても同じような視線を浴び続けるのが「趣味・志向」の世界なんだな。そう割り切っていくしかないのだろう。

 

そんなことを考えながら、今夜もイヤーピースを耳に入れ、iPhoneとペアリング。再生ボタンをタップして、、、

 

そして目を閉じる。。。