Daily Sketch with...

ロードバイク、スキー、キャンプ、写真が好きなオッサンブログです。家族で楽しんでます。

Bamboo Folio を使いはじめた

f:id:yPhonist:20180219114258j:image

ついでにこれまで iPad Pro で使っていた Note shelf の後継版 Note shelf 2も使いはじめた。これらのガジェットとアプリ、どちらも「手書­き」がデータ化されるという点での共通点がある。

iPad ProとNote shelfの組み合わせでの使い心地については以前もこのブログで記事にした。

こんなんとか・・・

アプリの紹介というよりも、きわめて個人的な使い方についてのメモといった感じだった。「2」についてはいずれ書こうと思うが、ここでは、Bamboo Folio について書いていくことにする。

f:id:yPhonist:20180219114412j:image

今回使いはじめた Bamboo Folio、フォルダにノートパッドを固定して、ボールペンで書いた 文字や図形などの軌跡を記録。スマホやタブレットといった 端末へ転送してデジタル化するというものである。メーカーのアプリを利用してPDF 化したり、画像としてメールに添付するなどして活用できるとともに、有料版(試用期間はあり) にはなるが、テキスト化したり、Word形式で保存したり、図形などはVector化できたりもする。

f:id:yPhonist:20180219114402j:image
ちなみにボールペンは専用品。そのペンとフォルダーがこのシステムの中­核となる。ノートパッドは専用品でなくとも市販のもの、もしくはペラ紙でも使用可。
で、使ってみたわけだが、これがなかなか良い。今回のこの記事も、実は Bamboo Folio を使って、手書きで書いている。それがこうやってブログとしてアップできたということは、無事にテキスト化できたということでもある。テキスト化したデータをiOSのメモを介してブログに貼りつけ、訂正して完了となる(文章は)。訂正しなければならないのは主にレイアウト。改行位置などの部分と、誤認識した部分。 特に手間にはならない。再­度、入力し直すのと比べれば。

アプリの方は、iPad と iPhone の両方にインストールしてある。クラウドに保存されているので、両方で同期もとれる。一方での修正もしくは加筆も、もう一方に確実に反映される。ただ、iPadとiPhone を使い分けるときに、どちらもペアリングしておくことはできなさそうで、切り替える度にペアリングし直さないといけないのが少々手間にはなる。しかし今後は主にiPadとのペアリングで使うこ­との方が多くなりそうなので、そこのところは大丈夫かと。
とりあえず、しばらく使いなおして有料の機能の使い勝手を見きわ­めてみようと思っている。そこのところは、気が向けはまた記事にする。
たぶん気は向かないと思われるがw。

それにしても、キーボードでの入力でなく、手書きで文字を書くのも楽­しいものだ。そのことに改めて気付かされた。
ブログ書くのに、手書きで書く必要もなく、直接入力すればいいとは思うが、この楽しさを味わうことができるという点で、「手書き」もアリなのだ!

BOSE問い合わせ:SOUNDSPORT FREE WIRELESS HEADPHONES

f:id:yPhonist:20180219122648j:image

症状 : 突然左側の音量が小さくなり、音像が右寄りに。左はこもった感じの音にになった。それまでの音と音場とは明­らかに違う。


昨日、スキーからの帰りに、突然、上記のような症状が出た。車を停めて休憩しようとして、音楽でも聴こうと耳に入れた時だった。音楽を再生して驚いた。それまでの音質と違って、明らかにこもった感じの音が左から聞こえてきて、左右のバランスも崩れてしまっていた。
はじめは、山から下って来たため、気圧の関係で、そう聞こえている?のかとも思った。そこで試しに左右入れ換えてみたのだが、症状は変わらず。その後電源を入れ直してみたり、しばらく放置してみたりもしたが効果はなかった。
そこで今日の昼休み、BOSEに電話で問い合わせてみた。 症状を伝え、対処方法を聞くと、まずは以下のことを試してみて欲しい、とのことだった。

  1. ファームウェアのアップデート
  2. デバイス(iPhone)とのペアリングを解除しての、再登録

これでもだめなら再度問い合わせて欲しいとのことだった。「1」 についてはアプリで確認すると、既に最新バージョン。「2」はやっていなかったので、やってみた。
でも結果は改善されず。
これは再度問い合わせだな、と思いつつ、なぜかふと、イヤーチップをはずして様子を見てみようと思った。独特の形状のBOSEのイヤーチップで着け外しにちょっとコツがいる。 はずしてみて観察。ドライバーのあたりを見ると黒い「何か」が表面についているのが見えたので、 フッ! と軽く息を吹きかけて吹き飛ばした。その後、再度イヤーチップをつけてみた。
そして、再度耳に入れ、聴いてみたところ・・・・・
なおった。。。 ?
明らかに左もクリアに聞こえてくる。
ん?
じゃあ、一体何だったの?
可能性としては、

  1. イヤーチップが取付け不完全だった? 耳にしっかりと固定されるため、ウイング部分がひっかかり、はずす時に少しはずれかけたとかか?
  2. 「何か(黒いヤツ)」 が音を遮っていた? たぶん「黒いヤツ」。 欠して耳〇〇 ではない。 

とりあえずは 今回事なさを得た 今の生活、このタイプのワイヤレスイヤホンがないというのは ホントにつらいから。今後、何か音質の面で何かがあった時には、イヤーチップをはずして、確認するところからはじめることにしよう。

ヤッパリ朝にやっとくのが気分いいな!

f:id:yPhonist:20180216105353j:image

4wk FTP Booster WEEK 2 Day 3 - Tempo with Finale!

 

うん、最後についてる「!」がめっちゃ気になるけど、昨日の朝実施。

 

昨日はムスメさんの学校の交通指導のため街頭に立った。そのまま少し長めに休みをもらって、朝からワークアウトをこなした、というわけ。

午前中なので、満足のいく出力の出方するかな?というのも興味もあり、引き続いてのワークアウトの続き。

このワークアウトの肝は、メインパートのTempo15分の後にレストが入らずにVO2Max2分インターバルを4回やるところ。正直、はじめる前には今回は途中で心が折れるかもしれないと感じた。

 

やってみると、なんとか、、、という感じ。これまでのVO2Maxは1分が多かった。その倍の時間を今回は過ごさなければならず、かなり気持ち的には焦れた。ホントに1分、いやそれどころか20秒が経過するのが遅い。

 

なんとかやり終えて、その後プラス20数分ほど200Wチョイ平均で流して、消費カロリーを1000kcalに乗せて終了した。

 

その後仕事へ行ったのだが、ヤッパリ、なんか気分いい。カラダは疲れもありダルさはあるが、頭は妙にスッキリしてる。夜、ワークアウト直後に寝ると寝つきが悪く、質も低めになると感じていたし、VIVOACTIVE 3を購入後、ストレスデータの数値として見て取れた。ワークアウト後は妙に頭が興奮して冴えてきちゃうんだろうな。

だから、ワークアウトは朝にやっちゃうのがいいのかもしれない。夜に「やらなきゃ!」という強迫観念に駆られることもないだろうし。

で、今朝はちょうどDay 4で、エンデュランス強度で軽めの時だったので、朝にやっちゃおう!遠く思って、ハリキッテ早く寝た。

 

結果、起きれんかった(涙)。

 

まあ、いつものことだし、そうなるだろうなぁとは思いながらだったから、ダメージは少ないw。

 

だって、起きようとした時間帯ってまだ暗いんだもん。せめて朝ワークアウトをするのは、その時間帯に空が明るくなってからにしよう、と心に決めた。

 

4wk FTP Booster 1週目終了から2週目へ

f:id:yPhonist:20180213114813j:image

 

4wk FTP Booster W1D7 - SweetSpot 12

f:id:yPhonist:20180209111822j:image

先週の木曜日に。

12分のSST2本の後に、1分のVO2Max4本が続く。

一見キツそうだが、いやキツイのではあるが、ガマンどころは出力高めになるVO2Maxのパートではなく、SSTの時間帯。体力的にキツイのではなく、どちらかというとこの時間帯、12分間が長くて飽きてきて早くおわんないかな、となる感じ。

休養も挟んでいるので、なんとか。

ただ、この時はペダモニのANT+送信モードの安定性に欠け、そのせいで星をいくつか落としている。それが残念。

夏に行った時には後半の12分SSTはキャンセルしているので、今回はガンバレタ感じw

 

4wk FTP Booster W2D1 - HIT 80%FTP #2

f:id:yPhonist:20180213113647j:image

金曜日は休養を入れ、土曜日にスキー。

帰宅の翌日、日曜日に実施。実走も考えたが、寒い日だったので。

このワークアウトは「#1」のセット数が増えただけだったので、特に問題なく終了。

 

この日は時間もあったので、ダブルヘッダーで、もうひとつ続けてワークアウトを実施した。

 

4wk FTP Booster W2D2 - HIT 45sec #2

f:id:yPhonist:20180213114016j:image

こちらは2本目ということもあり、なかなかにやりがいがあった。一本目でもキツいだろうな。

45秒のスプリント6セットの後、FTP下8分というのが、長いしイヤだった。

ただ、

「ここから、カラダへの適応が始まるんだぜ!」

的な表示が出てきたのでガンバレるにはガンバレたw。

 

このワークアウト途中でたまに表示されるこんな表示で、

「 How was your heart rate response ?」

とかって聞かれる。

「心拍の反応はどうよ?」

てことなんだろうけど、

 

「どうなればいいのよ??」

 

って、こっちがキキたい!

 

って感じで無事?終了。 

 

この度のワークアウトのオトモはこちらで!

f:id:yPhonist:20180213115220j:image

なぜか余力があったのでワークアウトふたつ

f:id:yPhonist:20180207172151j:image

昨日は仕事が早く終わったため、時間休を取り早めに帰宅した。早めに帰宅しても取り立ててやることがあるわけではない。やることといえばネコと戯れるか、そう、ワークアウトくらいw。

しばらくネコと遊んで、飽きたところでワークアウトにとりかかった。

 

やったのは以下の二つのワークアウト。

4wk FTP Booster Week 1 Day 5 - 40/20's #1

4wk FTP Booster Week 1 Day 6 - Tempo with accelerations #1

ちなみに、Day 4 - Endurance は先週済ませている。L2で1時間ほど流す感じだったので、特に問題はなくできた。

 

f:id:yPhonist:20180207172636j:image

まずは「40/20's #1」。メインセットの部分で、VO2Max40秒ーrest20秒ー5本を3セットすることになっていた。ややキツイ感じもあったが、なんとか完遂した。終了後、まだ体力に余裕を感じたので、もう一つワークアウトを進めてもいいか、と思い次のワークアウトへ進むことにした。多分、続けてやっていたら疲労も溜まってしまい無理だっただろう。この度はスキーシーズン中で体調管理もシビアになっているため、休養日も余裕を持って設定している中での実施なので体力的な余裕につながったのだと思われる。

それでも、次のワークアウトはTempo12分の間に短時間ではあるが高出力が3回入る。ペースの上げ下げには弱い私には難しいかも、という気持ちもわいた。ダメならまたこのワークアウトはやりなおせばいいか、という感じでDay 6へ。

 

f:id:yPhonist:20180207173815j:image

「Tempo with accelerations #1」。メインのセットで12分間のTempoの間に、15秒、20秒、30秒の高出力が入る。それらの高負荷の後にレストが続けばいいのだが、Tempoでとどまらなければならない。ただ一定ペースでTempoを続けるのであればそんなにキツくはないが、今回のはキツそう。しかもひとつワークアウトをおえたちょくごなので・・・。そう思いながらスタート。

結果的にはなんとかこなすことができた。高出力の部分で、既定の平均値には届かなかったが。。。それでも、星は全てクリアできた。今回の二つのワークアウトのどちらともである。

夏にチャレンジした時には、三つずつくらい星を落としていた。明らかに今の方がこれらの負荷には適応できている感じがする。

 

実はここのところ、感じていることがある。

スキーシーズンに入って、週末はほぼスキー中心に時間が過ぎていっている。そのため自転車に向けて考えると、冬場は体力維持が主目的となる感覚でいた。しかし、実際にワークアウトをしてみると、案外出力が出やすく、脚の回りも思ったよりも軽く感じられる。スキーでかかる負荷と部位、そして平日に行うワークアウトのバランスが、私にとっては意外といい感じなのかもしれない。週のうち5日程度ワークアウトを行うときよりも、疲労の部位が分散され、その間に部位ごとにしっかりと休養と取ることができ、なおかつ、自転車で使いたいけど自転車ではなかなか意識的に強化できない部位をスキーで刺激を与えることができている、そんな感じがする。

 

あくまでも、体力維持を冬場のメインにするが、現在とりかかった「4wk FTP Booster」はしっかりこなして春を楽しみに待ちたい気分になってきた。

GARMIN vivoactive 3 でストレス管理

f:id:yPhonist:20180206110200j:image

vivoactive 3 には「ストレスモニタリング」の機能がついてる。GARMIN Connectのヘルプによると「ストレスと休憩(リカバリー)は、心拍数の変動(HRV)で測定され」、その「ストレスと休憩の推測値は、Firstbeat®︎によって提供されサポートされて」いるらしい。

 

そしてGARMINのサイトでは、以下のような説明もある。

vivoactive 3は光学式心拍計を内蔵しているので、常に心拍数を把握したり潜在的なストレス反応をや健康状態をチェックできます。 ー中略ー 心拍数の変化も監視して物理的、心理的ストレスに対する身体の状態を表示します。

(GARMINのサイトより)

 

vivoactive 3を発売日に入手でき、その日から使用し続けている。約2週間弱ほど使っていることになるだろうか。はじめは、あくまでも日常の心拍の変動を観察するのが主目的で、「ストレス」を可視化できるこの機能にはあまり魅力を感じていなかった。
おまけに、手元に届いて使用しはじめた翌日にはファームウェアのアップデートを行ったのだが、そのタイミングから、ストレスレベルを表示できなくなってしまう期間が3日半ほど。アップデートのせいか? と思いしばらく次のアップデートでの改善を待つしかないと思っていた。もともとそんなに魅力を感じていない機能だったというのもある。
しかし、表示されるべき部分が表示されないのはなんとなく落ち着かない性分なもので、つい、GARMINに問い合わせてみた。するとほぼ即答で、アップデート後のリセットが必要だった、ということがわかり、無事ストレスレベルが表示されるようになった。

 

で、ストレスレベルを継続的に記録できるようになって数日経った今、思っていたよりも、状況を反映できているんだな、という印象を持ちはじめている。

 

まずは、安静時心拍数。
こちらはストレスとは関係なく、心拍数を測り続けることができればわかる部分なので、日々、継続的に観察してきた。すると、確かに前日にワークアウトをしたり、スキーをして帰宅が遅くなり慌ただしく就寝したりした翌朝の安静時心拍数は高めになっている。一方で前日早めからゆっくり寝ることができたり、ワークアウトがなかった時には低い値におさまる。この値を休養とワークアウトの負荷の強弱の目安にしていたが、これまでは起床後に測り忘れることもしばしば。特にワークアウト後の就寝では寝つきも悪く、そのおかげで寝起きもスッキリしないこともある私にとっては、一番知りたい情報なのに、そんな時に限って測り忘れてしまう。そんな私にとってずっと心拍を記録しづつけてくれるこの機能はありがたい、とあらためて感じている。

 

ストレスレベルについて。
まだ短い期間ではあるが、自分の感覚とストレスのレベルが一致しているため、正直驚いている段階。ただ単に「心拍が高い」=「ストレス」とみているだけではなく、ストレスがかかった時の心拍の変動の仕方を見ているのだろう。結構反映されていると感じた。
特にそう感じたのは、この日。

f:id:yPhonist:20180206110244p:image
この日は前日にワークアウトを行い、24時付近での就寝だった。翌朝は前日にワークアウトをして疲れて寝ているので、ユックリ深く眠れたと感じて、スッキリ起きることができていると感じていた。GARMINの判定した眠りの質でも「深い」眠りが1時間56分。

f:id:yPhonist:20180206110332p:image

2時間あればいい感じと捉えていたし、この時の睡眠時間で2時間に少し足りないくらいだったので、まあそんなもんだろうと思っていた。
しかし、通勤後に仕事に入ってから、なんかおかしい。何があったわけでもないのに、カラダの重さを感じつつ心が少しざわつく、というか常に圧迫感を感じ続けていた。しかし原因に心当たりはない。たまにストレスレベルを見てみると、やはり数値はいつもよりも高め。しかもホッと一息ついているはずの時にも「rest」の状態になることはほとんどなかった。
何かわからないけどストレスを感じてしまっているんだな、ということはわかった。それにどう対処するかは不明だが、vivoactive 3には深呼吸を促す機能もついてて、たまにそれを実施すると、少し和らぐ、というのをやるのが精一杯だった。
何がなんだかわからない状況での帰宅後、スマホでその日のストレスレベルのグラフを見て驚いた(仕事中はこのグラフを見てなかったので)。前日にワークアウトを行ってからの就寝後(24時過ぎてから)日中並みにストレスが高いままで推移していたのだった。ワークアウト後ということで興奮状態が続いていたのかもしれない。その影響もあり、よく寝たつもりでも脳レベルでは十分に休養になっていなかったのかも。その結果の「圧迫感」と「カラダの重さ」だったようだ。

 

ストレスに関しては、上記のようなことが、グラフを見るとわかる。多分、日常的にはConnectのグラフで様子を把握することはできる。本体でもわかるが、Connectだと、前日や前々日の様子と比較できるので様子を把握しやすいと思われる。
これがわかったからといって、できることは少ないが、その時の状況とその原因がなんとなくでもわかると、気持ち的に楽になる。もうしばらくストレスと疲労のパターンの様子を見て何か思い当たるところがないか観察してみようと思っているところだ。