Daily Sketch with...

ロードバイク、スキー、キャンプ、写真が好きなオッサンブログです。家族で楽しんでます。

もうね、体調不良のため秋までキャンセル!

f:id:yPhonist:20180712210430j:plain

今年度の9月までの予定と消火具合

これまで

4月:おかやまエンデューロ →町内会行事と重なり断念

5月:もみの木耐久レース → 町内会行事と重なり断念

6月:仕事繁忙期のため予定すら入れず

以上が、これまで。今年度は町内会の班長ということで年度始めいろいろ行事や会議が入って思ったように動けず・・・。来年は役員になるのでその傾向は続くのだった・・・。

今後・・・

7月

  1. 中山サーキット カートコースクリテ →体調不良のためDNS予定(エントリー済み) しかし、ここのところの体調不良で、DNSを決意した。まともに走れる状況ではない。
  2. ミッドナイトエンデューロ →町内会行事と重なり断念 町内会行事と重なっていても、実は出る気満々でいた。チームで走る家族と参加、そして私は4hソロを走って、翌日の早朝の草刈りに参加しに私だけ戻る予定でいた。
    ところが、のちに触れるように、エントリーの調整をしていた、6月終わりころから徐々に体調不良に陥りはじめ。。。なんかモチベーションが下がってしまい、エントリーは取りやめにした。ちなみに家族は参加なので、送迎はする予定。

8月:暑いから・・・

9月

  1. もみの木耐久レース(予定)
  2. 高梁ヒルクライム(予定)
    これらの予定はなんとか入れていきたいものだとは思っている現状。この夏の間にどれだけモチベーションをあげていけるかだ。

気づいてみれば、年度始めから体調が悪いのが続いてる

今回この記事を書くにあたって、これまでとこれからの予定の確認のため、残っていたデータや記録を振り返ってみて気づいた。今年度に入ってから、ずっと体調不良が続いていた。本人はそんなつもりはなかったのだが、明らかに「体調不良〜ちょっと回復〜体調不良」というサイクルを繰り返していた。
例えば、4月の家族サイクリング。この時にもその数日前から風邪っぽくて、当日は発熱しながら泊付きで走ったw。その後も休むことなく、「こどもキャンプ(ムスメの友だち連れてのキャンプ)」やGWの白馬遠征春スキー、職場の飲み会幹事などのをこなしつつ、5月半ば。思えばここまでだましだましやってきたが、体調がすっきりした時はなかった感覚がある。
そして、5月半ば前から、側頭部に発疹ができ、しばらくするとピリピリ神経痛。帯状疱疹だった。
帯状疱疹を抱えつつ、6月の山場と言える仕事突入。
病院へ行って薬ももらって飲んだおかげで、症状は軽くなったものの、2回目の通院は行けずじまい。そのうち神経痛も完全に治まり、発疹も無くなったので安心していたが、カラダはすっきりしない状況だった。その間、ずっと喉の奥の方が乾燥したカサカサした感覚があった。「より練」に誘ってもらった時などにも喉の奥の方の違和感が続いていた。
そして、7月に入ってから本格的に喉にきた。風邪の症状という感じはしなかったので、しばらく放っていたが、次第にひどくなり、咳き込み始めた。と、同時に前回とは反対の側頭部がピリピリし出した。
これはマズイ!
帯状疱疹が明らかに治りきっていない。
そう思って、養生し風邪対策をしたが、すでに時遅し。咳はひどくなり、喉はガラガラ、熱も少し出る状況になってしまった。幸い、帯状疱疹の症状は神経痛までで、その後は神経痛も無くなったので、現状、快方には向かっていると思われる。いや、そう思いたい。

現状から今後の予定を考える

まずは体調と体力の回復から

中山サーキットでのカートコースクリテ 、エントリーをしたにも関わらずDNSを決めた現状。まだまだ咳は残っているし、体力の低下著しい。
しかし、確実に体調は快方に向かっていると思われる。なので、今後に目を向けたい。
とはいえ、実は現在モチベーションはかなり下がりきってしまっている。いきなり高負荷のトレーニングに戻るのは、体力的にも精神的にも無理な状況なのである。

初心にかえってじっくりと

そういうわけで、今はしっかり休養をとり、体調と体力を回復させたのち、「耐久」と「TEMPO」ゾーンからじっくりとトレーニングに取り組むことにしたいと考えている。
できれば、上記の予定の通り、9月のレースのとヒルクライムを視野に入れ、そこまでに立て直したいと。それにはモチベーションをどれだけ上げられるかが問題になるだろうが、それも体調が回復すればついてくると思って様子をみるしかない。
季節的には夏真っ盛り。この夏は実走は少なくていいので、「ローラーでじっくりと!」というのをテーマに取り組みたいと思う。

時間シフトを考えなくてはならなくなった

現在体調絶不調二週間目

夏風邪でしょうか?
ここ二週間ちょい、体調を崩している。体力が落ちてしまうと出てくると言われる、帯状疱疹の兆候も見られた。幸いその後気をつけはじめてからは、ほっとけばたぶん発疹ができて確実に帯状疱疹につながると思われる「ピリピリ」した神経痛は治まってきた。
でも、咳が続いている。カラダの倦怠感も強かった。

体調悪い間にと、、、

そんな体調が悪い間は、実走はおろかローラー練も難しく、やってはみたものの、また体調が悪化するというのを繰り返していた。なので先の週末はローラー練はあきらめ、その分リビングの改装に時間をあて、実現したのがプロジェクターの設置。
なんとかそれもうまくいき、今は家族で大画面を楽しんでいる真っ最中。
主には「弱虫ペダル」オンリーだが、今後見たいものがあればいつでもどこでも大画面で楽しめると、家族にも好評だ。

体調が戻れば、と思っていたが、当分無理そうな状況

そうこうしているうちに、少し体調も戻りつつある現在。そろそろローラー練も再開したいとは考えているのだが、そこに思わぬ壁が立ちふさがった。
なんと、プロジェクター設置後、毎晩小一時間の「弱ペダ祭」をすることになってしまっており、私のローラー練の時間が取れないという事態になってしまっているのである。

それならば生活のリズムを変えるしかない

どうしようか?
「弱ペダ祭」の後に回そうかとも思ったのだが、寝る時間が遅くなるのは明白。早めに帰ることができるときにはなんとかこのお祭りの前にできそうなものではあるが、そうでなければ時間を取れそうにないという結論に達した。
では、どうするか?
もう、兼ねてからの懸案事項であったし、いまだにできそうには思えない、「朝練」に切り替えるしかなさそうなのである。
今はまだいい。
体調も全快ではないので、言い訳はある。
でも、この言い訳がなくなった時に朝練ができるかどうかはかなり大きなプレッシャーだ。
まったくもって自信はないのだが、チャレンジはしてみなくてはならない。
体調回復とともにモチベーションも上がってくることを望む!

大きめのディスプレイ、または格安プロジェクターが欲しくなってきた、ので買ってしまった話w

サイクルカフェ風の空間にやり替えたら止まらなくなった

それはZWIFT用のディスプレイ(安い液晶テレビね)でAmazonプライム・ビデオを見てからはじまった

カウンターテーブルを作り、ZWIFT環境もリニューアルし、なるべく汚さないよう(油断するとすぐ散らかってくるんだよな)、このリビングスペースを楽しんでいた。あるときは、外を眺め、コーヒーを飲みながらひとときを楽しんだり、あるときは仕事したり、またあるときには絵を描いたり。
そんなとき、スマホではたまに見ていたAmazonプライム・ビデオのことを思い出した。せっかくモニターもあるし、Macからつないで適当に流しておくのもいいなと。で、適当に流しつつ、Macでは別の作業。なかなか楽しく時間を過ごすことができた。

当初の目的であったZWIFTにはかなり快適

話は戻るが、もともとの目的であったZWIFTでの使用については、もうバッチリ!としか言いようがない。画面との距離感、高さ、画質(これはMacの性能のおかげだろうが)、どれを取っても使いやすい。またキーボード操作をするにしても、マウス操作をするにしても、脚を回しながらある程度は操作できる環境は確保されている。

見たい映画があって、プライム・ビデオで観ることができるようになったので観てみた

このようなZWIFTメイン、たまに映画やドラマを見たりするのに使っていた。そして先日、たまたま見たかった映画がAmazonプライム・ビデオで無料で視聴可能になった。そこでこの環境で見ることに。
しかししっかり入り込む見方をするには、やはりこの環境ではチョットなぁ、といった印象。普段の位置での視聴では字幕も小さくて読みにくい。画面はなかなかキレイに映ってはいるのだが。

Apple Musicでミュージックビデオを流してくつろいでみた

また、別の機会には、Apple Musicでミュージックビデオを見てみた。こちらは音楽が主体ではあるので、そう画面の遠さや小ささは気にならない。でも、デフォの位置だと、どうしても奥まった場所にあるためなんかオシャレでないw。
だったら、このモニターの位置を変えればいいのだが、それはそれでめんどくさい。いつもこのモニターはこの位置にあって、やろうと思えばいつでもZWIFTで使えるようにしておきたいし。

ふと思った:もうすぐTDFはじまるよね

その頃気づいた。
そろそろTDFがはじまるよね(今はもうはじまっているが)。
そして思った。
でっかい画面で見れたらいいな、と。

大きな画面があれば、さらにオシャレなカフェ風が加速すんじゃねぇ?

オシャレなカフェ風なら、大きな画面がうまく収まればより雰囲気出るんじゃない? と安易に考えついてしまった。そこで、安価に済ませられるものはないかとネットでウロウロしてみた。

大きめのディスプレイ? いや、どうせならプロジェクターでしょ!

ディスプレイも高画質で、買いやすくはなってきてるっぽい

まずはそのままHDMIで繋げれば見ることができる大型のディスプレイを探してみた。HDMIでなくてもUSB-Cで接続できるものもあるが、もちろん高い。
HDMIのものであれば大きなものもそれなりに価格はこなれてきているみたい。でも、考えてみればダイニングで使っているテレビが46型。そこまで大きければそれはそれでいいが、けっこう邪魔になる。置き場所にも困るし、出費を考えるとここまでの大きさのものは現実的でなはいのではないかということに思い至った。

プロジェクターは高いよね?

すると、プロジェクターか?
でも高いよね。
実は20年前に買ったプロジェクターもあるにはある。もう今はつなぐのも一苦労な感じなっており、使っていないが。実際には暗いし、うるさいしで実用的ではなかった。当時7〜8マソくらいしたのではないかな?
そのイメージで一応ネットでウロウロしてみていた。あまり大きな期待はせずに。
ところが、集まってくる情報は格安でも当時のスペックははるかに超えたものばかり。当たり前である。あれから20年。当時ウン十万円以上したくらいのスペックに近いものがかなり安価になってきている。あくまでスペック上でのことなので比較すればどうだかはわからないが。しかも、今ウン十万出せばもっともっとスペックの高いものがある。買わんが。

安くても家庭で楽しむのには十分?

で、我が家での使用状況を考えると、普通に安価なもので十分だと判断した。家庭で楽しむだけなので。スペックだけ見れば20年前の高級機に迫る性能。これなら十分使える。
というわけで、購入するなら、安いプロジェクターに決定。画面の大きさも確保できるし、大きめのディスプレイを買うよりもコスパが高い。

設置の問題

で、さっさとネットで購入してしまったのだった。

できれば持ち運べるように

設置に関してはできれば常設は避けたい。必要な時にさっと出して、簡単にセッティングできるようにしたい、というのが当初の目標だった。しかも、場所を変えても楽しめるように。

ただ、限界はある

しかしやはりそこには、ひとつの壁が立ちはだかった。プロジェクターの「距離の壁」である。思ったような大きさで映写しようと思うと、スクリーンとプロジェクター本体の距離は決まってくる。それを毎回調整しながらセッティングするのは、正直俺にはムリだ! めんどくさい!

当面は自転車部屋(リビング)専用にしようと思う

というわけで、当面はリビングでのみ使うようにしようと思っている。片付けはするが、スクリーン位置はいつも一定。プロジェクターの位置も同じ場所にセッティングできるようにしてあれば調整は必要最小限で済ますことができる。
考えてみればそんなに他の場所で見ることもないだろう。
ただ、この結論が出た時点で、大画面でTDFを見る目論見は崩れ去った。スカパー!からケーブルでつながなければならないのだが、距離が長すぎる。このためだけにPCとかでも視聴できるオンデマンドとか契約するのも無意味だ。ダイニングに設置できればいいが、スクリーンを設置する場所に困っているし、セッティングがめんどうだ。

プロジェクター、距離の壁

リビング限定でのセッティングを煮詰めれば良くなったプロジェクター設置。ここでも「距離の壁」をうち破り、感じのいいセッティングまで持っていくのにかなりの時間を要した。セッティングを変更しては確認するというのを繰り返し、やっと最終的に得たベストセッティング。 それは、スクリーンは壁吊り。その対面の自作のカウンターテーブルの上に小型のアウトドア用のテーブルを置いてプロジェクターを設置するというもの。
画面の大きさ的には、100インチのスクリーンよりわずかに内側に収まっている感じ。確実に90インチ以上は確保できたのではないだろうか。
しかし画面が大きいとはいえ、暗くてはなんにもならない。
ここのところを確かめるべく明るいうちから見てみたところ、夏場の日の高いこの時期の晴天時17:30くらいにはほぼ問題なく視聴できる。18:00には完璧。それ以前だと、画面がシラけて見えて見えづらいものがあった。 それでも、18:00より前に映画とかを見るのは生活リズムの面から言ってそんなに機会はない。あった時には、窓をなんらかの方法で塞ぐなどして対応すれば十分楽しめることができるので、私の使い方からすれば十分余裕があるくらいといえるだろう。

設置完了

納得いく設置ができたので、今後はこれをベースに、最終調整と固定に入っていく。

スクリーンの位置は今後変更

スクリーン位置については、基本位置はこのままでいいが、高さをもう少し下げる工夫が必要。映画など長い時間、画面を見上げていると首が痛くなる。もっと自然に見える角度に調整が必要だろう。今はフックにかけて、四隅をヒモで引っ張りテンションをかけている状態だが、位置を下げた時には固定の工夫も必要になってくる。何か軽くて丈夫な、そう、物干し竿的なものがあればなんとかなるか。

ほぼ決まった位置に設置できるようにフックのみ常設

引っ掛けるフックは定位置に固定し、長さなどを調整したヒモやゴムなどを引っかければ定位置にスクリーンを固定できるようにしておく。距離感はここでいい感じに確定しているので、大きな手間なくプロジェクターの方の設置とセッティングも終えられるものと思われる。

プロジェクター本体は、先日作ったカウンターテーブルで対応可能

先にも書いたが、プロジェクター本体は自作のカウンターテーブルの上に設置。何か専用に脚になるものを作らなくてはならないかもしれないとも思ったが、手持ちのものでそんなに見た目も悪くなく対応できた。これなら撤収も難しくない。

音は手持ちのBluetoothスピーカーで

このプロジェクターにはスピーカーも内蔵されている。HDMIでつなげればそこから音も出るのだが、必然的に音が後方から聞こえてくる形になる。やっぱり音は素直に前から聞きたいので、スクリーン裏の位置にBluetoothスピーカーを置いて対応した。
そもそも、ホームシアター用のアンプとスピーカーも持ってはいるのだが、現在ダイニングのテレビ用に設置してある。特にスピーカーは壁設置で。これらを移設するのは基本的にムリ。装備が多くなりすぎて、ゴチャゴチャしてしまうし、気軽にセッティングができなくなってしまいそう。
ということで、とりあえずあるもので対応したが、これが案外具合がいい。内蔵のものよりも明らかに音はいいし、大きな画面を見ながらだと、思ったよりも音の回り込みも感じられてしまう。すば楽これで使って、不満が生じれば対応することで問題なさそうだ。

そして楽しむ

家族が買い物に行っている間に、ミュージックビデオを視聴。 その後は見たかったアニメとか映画を見て、夜、家族で弱ペダを楽しんだ。

ムスメは
「映画館みたい!」

と言ってテンションが上がってる。 そう、その反応が見たかったのだ。

スクリーンが高めの位置なので、少々首が痛くなってしまったが、このような時間を家族でいっしょに手軽に味わえるのはいい。 いったん設置したプロジェクター、すぐに片付けるつもりでいたが、一週間くらいは置いておいて、夜のひとときを家族で楽しんでみようと思う。

All American Bicycle Center Tempo Rideに参加した

f:id:yPhonist:20180702232023j:plain

今日はリカバリーライドの予定だった

この時期の筋肉痛って・・・


一昨日は、所属するスキークラブのテニス3時間少々、からの夜の飲み会。昨日は同じくスキークラブの行事で、登山。
おかげですっかり筋肉痛・・・。
思ったより早い筋肉痛に内心嬉しいのだが、バイクのトレーニングにとっては、筋肉痛はそこそこ厄介な存在。ただでさえ壊れてしまってる筋肉繊維をさらに酷使して、また破壊を繰り返すわけにはいかない。
二週間後にレースにエントリーした。そんな身にとってこの時期のこの筋肉痛は正直ツライ。来年からこの行事への参加は考えなくてはならないと思った。

ねらいは筋肉痛をほぐすための軽い運動だった

なので、今日のローラー練のねらいは、体をほぐす程度のリカバリーとカロリー消費だった。いや、そのはずだった。
しかし現実は。
結果的には、なんかそこそこ負荷をかけてしまっていた。。。

手頃そうなグループライドに参加しようと思った

カロリー消費の意味合いもあったため、通常設定の1時間のカスタム・ワークアウトではなく、ソーシャルライドで軽めで楽しくサイクリングできるイベントはないか探してみた。すると、表題の「All American Bicycle Center Tempo Ride」というのがあった。

3.0W/kgから3.5W/kg平均の1時間半のライド。

Tempo Rideってあるから・・・

そう、表題の中に「Tempo Ride」ってあるし、グループライドなので数人のパックで走ると思われるので、まあなんとかなるだろうという軽い気持ちで参加してしまった。
しかし、実際のところ、巡航時がこれよりも少し低いくらいで、4ヶ所あるセグメント(スプリント2ヶ所と、短めのヒルクライム2ヶ所)は基本的にフリーでアタック。その合間が上記くらいの強度になるので、トータル的にはなかなかいいペースでの走行となった。

会話をしながらのグループライドも楽しかった

正直、現状の身体の雰囲気から言って、強すぎる強度になったが、案外脚が回ったので、いいトレーニングにはなった。
また、初めてグループリーダーとのやりとりもしながら、最後まで一緒に走った。最初は15名程度いたが、最終的にはそれぞれのペースにばらけてしまい、グループリーダーといたのは私を含めて4名だった。その中で、それぞれのセグメントについてはアタックを繰り返した。13名中ではあるが、その中で、通して1位から3位くらいをキープでき、巡航場面とポイント場面での脚の使い方など、なかなか考えさせられるライドとなった。

冒頭の画像は、ライド終了後、早い人が立ち去ったのち、しばらくリカバリーライドをしていた時に、お下がりにもらったジャージw。久しぶりのスプリントジャージだったので。数分後にはすぐに消えたけど。

ちょっと手直しして、さらに使いやすく

f:id:yPhonist:20180629231157j:plain

イイ感じなんだが・・・

模様替え後のローラー練環境。ほぼイイ感じなんだが・・・、ちょっとしっくりこないところが出てきた。それはMacの位置。模様替え以降、上にモニター、その下にMacを置いて使って観ていた。
しかし、これはあまり意味ないよな、と。
いちいちMacをこの位置に設置するのはなんだか手間になる。
そこで、HDMIの長いヤツを探してみた。とりあえずネットで。でも注文してから1日〜2日はかかる。今日ローラー練する予定はあるので、できればすぐに欲しい。帰りに電気屋よって探してみるか? とも思ったが、ふと思い出してみると、、、

そういえばHDMIの長いヤツあったじゃん!

そう、職場に私物のHDMIケーブルの長いヤツがあったのを思い出した。3mのもの。この長さなら、テーブルの上にMacを置いてモニターにつなげることだできるだろう。
さっそく職場から持ち帰り、つないでみると、バッチリ! 長すぎもせず、短くもない。ちょうどイイ長さで収まった。

ついでにキーボードも!

ついでに、職場で使っていたApple純正のBluetoothキーボードも持ち帰った。Macの位置をうまいこと変えられれば、モニターの下があくのでそこにキーボードを置けばZWIFT中のキーボード操作もこれまでに比べて格段にやり易くなる。

これでZWIFT中のキーボード操作もやりやすくなった

ということで、実際にZWIFTで使ってみたが、環境的にはかなり改善された。これまではあまりキーボード操作はしてこなかったが、今日は視点変更を中心に楽しませてもらった。ただ、実際のところ、ZWIFT中にメッセージなどのやりとりをすることはほとんどないので、ほぼ視点変更、たまにその他の機能を使うくらいになるだろう。
ところで、キーボードでどんな操作ができたんだっけ?
また調べてみなきゃ。

ところで、話は変わるが・・・

すっごく懐かしい!


実は今日、ひょんなところで、「レ・ミゼラブル」のDVD(の前半部分)を観る機会があった。
すっごく懐かしい・・・。
何が懐かしいのかというと、、、
学生の頃、ロンドンの劇場でこのミュージカルを観たことがあったから。
エポニーヌ役で島田歌穂さんが出演されてたときだった。
とても感動して、現地でCDも買って帰って繰り返し聴いていた覚えがある。大学卒業後に引っ越しを繰り返したのちそのCDはどこへ行ったのかわからなくなってしまったが、それでも今、Apple Musicでダウンロードして聴きながらこのブログを書いてる。

音楽と記憶の結びつきってすごい!

映画になった時には、「ああ、懐かしいな、、、」程度の感じだったが、映像で見るとその程度なのだろう。しかし、今日、前半部分とはいえ聞き覚えのある曲が耳に入った途端、懐かしくて鳥肌が立ってしまった。音楽と記憶の結びつきの強さに驚かされた。
今日見たのは、前半部分だったので、また借りてきて家でじっくり見たいものである。
できればプロジェクターで!w

カウンターチェアは作るのやめた!

f:id:yPhonist:20180628214653j:plain

残すのはカウンターチェアだった

自宅リビングのサイクルカフェ風アレンジ。土日の作業を経て、ほぼ形になったのだが、ひとつ残っていたのが「カンターチェア」だった。自分の好みのテーブル高さで完成したカウンターテーブル。それにあつらえてチェアをつくるというのが当面の課題だった。
構想的には、テーブルと同じ素材を使って、シンプルに!、でもチョイオシャレに!w
で、実際にあれこれアイデアスケッチして、どれくらいの材料が必要になるのか見積もってみた。
すると・・・

結論! 買ったほうが安くつく!

テーブルと違って、チェアの自作はそんなにコスパ高くないな

基本的に、同じ素材を使って思ったようにつくると、結果的には案外高くつく。材料を変えてもそう変わらない。テーブルの場合は、この大きさで考えるとかなり安めにいけたと思っており、チェアならさらにコスパ高めで実現できると考えていたのだが。おまけにこの場合だと、高さの変更ができない構造となる。
はじめはそんなに気にならなかったが、少しの期間使ってみて、やはり高さは変えられるほうがいい、という結論に至った。そこまで実現するには材料的にももう少し必要になるし、構造的にも複雑になって手間も時間もかかってしまいそうだ。

ネットで探してみることに

そこで、ネットで「カウンターチェア」を探してみることにした。
すると、手頃な価格で案外ある。しかも色あいもテーブルに合ったもの、しかも、高さも可変。
ほぼ即決で飛びついた。

ということで注文〜商品到着

f:id:yPhonist:20180628215533j:plain すぐに注文して、待つこと1日。翌日には到着。そして開封した。組み立ても簡単ですぐにテーブルと合わせてみることができた。
結果、色あいもバッチリ!
高さも可変なので、使いやすいだろう。

明日の朝からの、コーヒータイムが楽しみだ。

数日使ってみて、改善点も・・・

さて、チェアが届いたのは今日なので、こちらの使い心地を確かめるのは時間をおいて、ということになるが、その他の環境は実際に使ってみて、なかなかお気に入りな空間になっている。
相方さんからも、冷たい視線ながらも、
「お気に入りの場所になったんじゃね〜(遠い目)」
と、お褒めのお言葉をいただいた。
バイクのローラー練の空間もほぼイメージ通りにできたので、ローラー練時のストレスは全くない。これまで感じていた不具合はほぼ解消できたと思われる。
その他の空間も一応今の所片付いているのでw、落ち着いて過ごすことができている。ただ、チェアを少しだけ使ってみて気になったのが、テーブルのささくれ。ナチュラルな肌合いのまま使いたかったので、材料を買ってきたそのままで使っている。多分、水分とかでシミもできるだろうから、カバーかなんかすればいいのだろうけど。そんな感じなので、チェアに座って、このテーブルの上でパソコンを操作していると(ちょうど今そんな状態)、腕に当たった木の表面がチクチクする。なんとかしなくてはw。
あと、テーブルの下に作った棚の角が足に当たっていたいw。ここも滑らかにするか何かつけるかしてカバーしないと・・・。

余談になるが、LED電球を増やした

我が家の照明はダウンライトが多い。そのほかにも、スポットとかも。今回、ネットで安いものを見つけて、LED照明を大幅に増やした。今回模様替えしたリビングは全てLEDに交換した。今後ここで過ごす時間も増えるだろうから、節電のために。しかも半分近く切れてつかない状態だったこともあり、暗かったので。それにしてもLEDも安くなってきたものだ。

思った通り! 工業扇、効果絶大w

リビングの模様替えとともに工業扇導入!

体調が戻ってきた!


今日は明らかに寝起きからの体調が違った。なんか身体が軽い。ここのとこの不調は夏風邪っぽかったのかもしれない。長引くらしいから。 おかげで、今日からトレーニングを再開できた。 もう、あまり激しいのをやるよりも、持久力強化メインで行こうかと思っている。 なので、今日は「耐久」ゾーンで。

こ、これが壁掛け工業戦の威力か!

そして、今日からは新たな環境でのトレーニングとなる。模様替え後初のローラー練だ。 楽しみなのは、工業扇の威力。

これに関してはさすが!

風の強さもあるし、取り付け位置の関係で、カラダ全体に風が当たり、効率的にカラダを冷やして汗を乾かしてくれる。これまでの家庭用扇風機とは段違いの威力に、顔面ホクホクだった。 しかもこれで、まだ3段階の強弱の中で、最弱。強になるとどんな感じでのローラーになるんだ?、と心配になるくらいw 1時間のローラーの後の汗の量が違う。多分かなりの汗が乾いてくれてるんだと思う。今後の少しきつめのメニューで試してみるのが楽しみにもなってくる。

ただし、音はかなりのもの。まあ、ディスプレイの位置が顔の真ん前なので、効果音などは聞き取りやすい位置と言えるので大きな問題にもならないが。

ディスプレイ位置も改善!

あ、あと、位置関係も変更したディスプレイ。ちょうどかをを起こした時に正面に来る高さに変更した。これまでは少し低めの位置にあり、上から見下ろす感じになっていた。その分画面も扁平して見えるし、何よりも顔を起こしてのフォームを取らなくて済むので、すぐに頭の位置が下がってしまっていた。この変更で、それらが改善され、より自然な態勢でローラー練を続けることができるようになる。