読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daily Sketch with...

ロードバイク、スキー、キャンプ、写真が好きなオッサンブログです。家族で楽しんでます。

安静時心拍の測り方

Bicycle Training

f:id:yPhonist:20161202155525j:image

冬場のトレーニングメニューを、その時の疲労具合に応じて実施していくために、安静時心拍を測るようになった。

 

その測定方法について、
一番の理想は、もちろん心拍を測れるガーミン・ウォッチ。

 

しかし、高いし、まだまだ新しいForeathlete920XTJをなんの問題もなく使用中なので、却下。代わりに、まずは心拍ベルトを装着して、朝、起き抜けに920で心拍を計測する方法を試してみた。
結果、、、よくわからない。目覚ましのアラームにドッキっとした直後、58bpmだったり、しばらくしてからだと、40bpm切ってきてたり。タイミング的にどの時点の値が正解なのか。そもそも安静時心拍の計測の仕方って、どうやるのが正確なんだろうか?と。
ネットで見てみても、こうやる!、というのはなかなか見つからなかった。

 

ただ、大切なのは、同条件、同時間帯で測り続けるのが、比較していく上で大切なようだ。
この時に、心拍ベルトと920の組み合わせでの心拍測定は、ボタン操作が必要で、どの時点での値をとるかで様子が変わってくる。
そんなこともあり、やはり、ガーミン・ウォッチ導入か? と一瞬心揺れたが、安静時心拍だけのためにとか、あり得ない。そのほかの理由を考えても思い浮かばないので、再度却下。

 

では、どうすればいいか?
イロイロ見ていると、なんかiPhoneのアプリでカメラに指を押し付けることで心拍を測り、それを記録してくれるものがあるらしい。それが「Cardiograph」。そのほかにもいくつかあったが、まずはこれで。とりあえず無料だし。
これをiPhoneにいれておいて、起床時に、心拍を測る。

 

  1. アラームでドキ!
  2. しばらく落ち着いて
  3. アプリ操作
  4. 指を当ててそのままグッタリ
  5. 自動で記録される(はず)

 

この流れなら、カラダを動かすことによる心拍の変動を極力抑えて測定できそう(な気がする)。

よし、まずは一週間ほど様子を見てみよう。

と、同時に、心拍ベルトによる計測との誤差がどれくらいなのかも確認してみた。普通に正確なようで、一安心。

 

ちなみに、昨日の朝は47bpm。今朝は45bpm。思っていてよりも低い。この辺りが安静時心拍なのだろう。一応現時点での安静時心拍は45bpmに更新しておくことにする。これでも思ってたよりも低い。これまでは55bpmくらいではないかと考えてたから。ガーミンの設定も変えておかなきゃ。

 

f:id:yPhonist:20161202155651j:image

今日のワークアウトは、ZWIFT 2*15 FTP Intervals。FTPインターバルを2本。昨日を休養日に当てたし、心拍から見ても疲れが残ってるわけないし。

で、
途中でやめたくなった。
が,なんとか完遂。
まあ、キツイ。

f:id:yPhonist:20161202155705j:image

意識朦朧としてきた演出も、バッチリ!(笑)

 

途中の画面表示で「これで余裕が感じられれば,FTP20min*2とか,FTPテストして更新すれば?」

「なんとかやりきれるくらいな感じなら、このままやっとけよ!」とかって言われた。

私はもちろん後者。

今後チョイチョイ入れてけば、目安にはなるということだな。

ローラートレ継続時のメンタル

Bicycle Training ZWIFT

f:id:yPhonist:20161130221959j:image

1. 初日(一日以上間が空いてからの)
     「今日はやらなきゃ!」⇄「休養しっかり取って明日からガンバろ!」

2. 二日目〜三日目(★今ココ)
     「なんとかガンバレてる、明日もイケるな!」⇄「一回休み入れてもいいかも」

3. 四日目
     「ここらで休養入れとかないといけないのか?」

4. 五日目
     「ここで途切れると気持ちが切れそうなのでやめられない〜」→で、実際に休養入れると、気持ちは途切れる。

5. 六日目以降
     ほぼ強迫観念に囚われる・・・

 

五日目以降になると1日休養が入ったとしても、メンタルは「初日」にまで戻らず、二日目、三日目あたりの気分を持続できる。
一度、アクティブ・リカバリーを多く挟みながらでも、五日間ほど継続できると、その後もなんとか続けていくことができそう。二日間休養が入ると、メンタルは初日に戻る。

これが私の、ローラートレーニング時のメンタル。

f:id:yPhonist:20161130222021j:image

で、三日目の今日は思い切って「Jon's Mix」を、54分ほど。この弟分にあたる「Jon's Short Mix(30min)」もあるが、今後の冬トレメニューの候補として挙げておく。

ワークアウトもちょうど良いパックに紛れると楽チン気分!

Bicycle VELENO RN ZWIFT ELITE REAL TURBO MUIN training

f:id:yPhonist:20161129222112j:image

今日のワークアウトは「SST〜TEMPO」。アップの後、SST5分とTEMPO域3分を5回ほど繰り返し、ダウンして合計1時間。

このワークアウトも何度かやってきたけど、だいぶカラダが順応してきたかな〜という感じ。これまではやる前にすでにウンザリして、実施後もハァハァ言ってたのが、少し落ち着いてきた。

ただ、気づきとしてかんじたのは、指定した値をしっかりと狙って、近い値で終わっておかないと、比較するときにわけわかんなくなっちゃうってこと。調子がいいから上げめに、調子が悪いから抑えめに、というのでは比較して様子を見るときに参考にならない。今後は気をつけよう。

 

さて、本日のワークアウトも、インターバルあと一回を残すのみとなったところで、ある集団にうまく紛れ込むことができた。ほぼ狙った出力でついていけるちょうどいい感じ。こうなると、同じターゲットパワーでも、維持がとてもらく、、、というか、時間が早く経ってくれて気分的にかなり楽チン!

今回はオマケにラストの時間帯もちょうどペースが落ちてきて、集団の中で終えることができた。

f:id:yPhonist:20161129223238j:image

さすがにダウン時、出力を落としていくに従って、集団は遠のいていったが、この間約10分弱は楽チンで楽しかった〜!

 

f:id:yPhonist:20161129223251j:image

f:id:yPhonist:20161129223404p:image

出力もほぼ狙った感じでZ3とZ4の時間帯が確保できてる。この辺りが効率はいいらしいが、Z1、Z2も最小限で、時間的なコスパはたかそうな感じ。

冬季トレの候補のひとつに上げておこう!

 

この冬に向けての「両立」

Bicycle training ELITE REAL TURBO MUIN ZWIFT

先日、スキー指導者研修会が行われ、スキーシーズンは本格化。

とはいえ、身近での雪の便りはサッパリ・・・。
それでも、間違いなく「その時」は来てる。

そこで問題になるのが、シーズンの入れ替わり問題。
なんのシーズンかというと、それはもちろん「スキー」と「ロードバイク」。
ロードバイクをはじめたのは、4年ちょい前。そもそもはスキーのオフトレの意味も込めてはじめたのだが、今はどちらもメイン。そして少しでも上手く、強くなりたいという気持ちを持っている。
そう言った意味で、夏場は安定している。

ロードバイクガンバル = スキーオフトレ

という構図が成り立っていた。
ところがスキーのシーズンインとなると、そうはいかない。
スキーを頑張ると、ロードバイクへ回す体力がどんどん削られていく。これまで、何度か冬越えをしてきて、スキーの季節が終わるとメッキリ弱くなった自分と出会うことになり、愕然としてきた。
もちろん、一応冬場のロードバイクのトレミニューは作ってた。でも、週末ごとのスキーで体力は削られなかなかトレには入れなくなった。オマケにスキー場の夜はお酒が進む・・・。

そんなこんなで冬場に体力が減少し、驚くほど弱くなって春にロードバイクに復活するのである。

 

f:id:yPhonist:20161128230916j:image

そんな今日は、TEMPO〜ENDURANCE程度の軽いインターバルを一時間ほど。冬場のトレーニングとして、疲れ具合に応じてアクティブリカバリーと組み合わせての選択肢の一つとして考えている。疲労感は少ないが、Z4にも少し入る。

f:id:yPhonist:20161128230930j:image
コレらは弱めのつなぎのメニュー。

コレと、五郎さんに教わったメニューとMGさんに教わったメニューを選択肢とするメニュー群(高負荷)。

そしてFTP刺激のメニュー群。

この冬場はこれらを、体調と疲れをを見ながら実施していこうと考えている。ムリしてその後やらないという日が出ないよう、抑えめにこの冬を乗り切る予定である。

久々のZWIFTはキツかった!

Bicycle VELENO RN ZWIFT ELITE REAL TURBO MUIN training

f:id:yPhonist:20161126212901j:image

ほぼ一週間半ぶりのZWIFT。

 その間に「ツール・ド・玉川」あり、「MGレッスン」あり、体調不良ありで間が空いてしまった。

その間での大きな変化は?というと、VERENO RNのハンドルバーが変わったこと。見た目も大きく変化し、ポジション的にも求めていた感じになり大満足で、モチベーションもかなりアップしてのこの週末となった。

なので今日は朝から元気に起き出して実走するべ!、と思っていた。それなのに、まさかムスメさんの学校の宿題に付き合うことになるとは!

 

なんかね、月の観察とかって宿題出てて、いいタイミングの時には雨や曇りで観察できんかったらしいんですわ。で、今頃のタイミングになると、朝3時半くらいとか(泣)。でも宿題せんと、ヤヴァい!ってんで、3時半過ぎに起床となったのでした。

そんなわけで3時半と5時半(移動の様子を観察するため)に起き出して、ムスメさんと月を見たため、なんか寝た気がしない状態で10時起床。

その後はユルユル過ごして、午後からはテレビで吉本見て、さて、と外のや様子を見ると寒そうだったので心が折れて、ローラーで済ますことにしたのだった。

 

とはいえ、ちょっと走っとかなきゃなと思って、ZWIFTのグループライドを探したところ、2時間ちょい走ることになるライドを発見。

f:id:yPhonist:20161126213108p:image

f:id:yPhonist:20161126213136p:image

それに参加することにした。スタートは5時。

頃合いを見計らってZWIFTにログイン。センサー類の認識を進めていたところ、Edge520がフリーズしていることに気づいた。いじってみるも、どうもおかしい。仕方なく、ガーミンなしでZWIFTすることに。記録はZWIFTから引っ張ってくることにした。

 

そしてスタート。

f:id:yPhonist:20161126213509j:image

今回はこんな感じの揃いのジャージ。

f:id:yPhonist:20161126213744j:image

こんな感じになり、自分を見失っちゃう(笑)

スタート直後、ヤッパリガーミンが気になりつついてると、あっという間に間があいてしまい、初っ端から脚を使うことに。

それでも追いついて、あとは集団内でウロウロ。

今回のライドではBOX HILLを4回上ることになる。キツそ〜。

とはいえ、2.5W/kg〜3.0W/kgの間での巡航となるはずなので、なんとかなるだろうと思って気楽に考えていた。

 

ところが3周目後半残り11kmというところで集団のスピードが伸び、ちぎれてしまった。ちぎれてから追いつくのが難しいのは実走と同様。脚もスカスカで、速度も上げられず。追う気もなくなった。

 f:id:yPhonist:20161126213313j:image

でも、なんとかなけなしのクールダウン程度の出力でゴール。いつもなら、少し走ってだうんするんどけど、すでにそれくらいの出力に落ち着いてたから、そのまま、即終了!

 

なんか疲れたわ〜。

 

そして気になってたガーミンを再度いじってみたところ、なぜかこのタイミングで復帰。

 

オイオイ・・・

 

そして、新しいハンドルは、もうピッタリという感じ。コラムカットして全下げしてたからハンドルあげんのどうしようか考えてたんだけど、ちょうどいい感じに。

 

f:id:yPhonist:20161126213920j:image

見た目優先でハンドル全下げ & コラムカットしようとしてる人、注意!ですよ〜(笑)

S-WORKS CARBON AEROFLY +25 ROAD BAR、そしてレッスンを受けてきた

Bicycle LR760 training VELENO RN

f:id:yPhonist:20161125001401j:image

店長撮影のレッスンの様子

 

ちゅう吉で、MGさんレッスンを受けてきた。参加者6人。今日は、10分走〜4分走〜3分走〜2分走〜1分走。

キツかったけど、何人かいっしょにやるのはなかなかモチベーション上がる〜!

筧 五郎さんの練習も上りで似たような感じだったな。あれもきつかったけど複数でやると、盛り上がっていい。そして、ヤッパ強くなるためには、、、やるんだ! この冬のテーマにしよう!

 

と、今日は午前中銀行行ったり郵便局行ったりといった用事があったので、半日有給。んで届いたと連絡のあった、「S-WORKS CARBON AEROFLY +25 ROAD BAR」をつけてもらいに、ちゅう吉に寄った。バイク持って。

VERENO RNのポジション見直してて、ハンドルがもう少し高い方がいいな、としばらく前に気づいていたものの、実はコラムは全下げでカット(汗)。そこから上げるにはステム角度で対応しなくてはならない。そうなると見栄えが・・・。ということで躊躇してたわけ。ところが最近「S-WORKS CARBON AEROFLY +25 ROAD BAR」の存在に気づいた。

f:id:yPhonist:20161125004249p:image

25mmライズ!

これならバッチリ?

これまでのデダ、プレーザが白で、これはこれで気に入っていたのが黒になるのが心配だったが、バーテープで対応してみることにした。

f:id:yPhonist:20161125004507j:image

で、よくわかんないかもだけど、こんな感じが、こんな感じに。

f:id:yPhonist:20161125004558j:image

f:id:yPhonist:20161125004616j:image

f:id:yPhonist:20161125004632j:image

なかなか精悍な感じになり、気に入ったし!

MGレッスンで使ってみたところ(ローラーだけど、ポジション的にも案の定、しっくり。より深い前傾姿勢を維持しやすくなったと思う。

 

ンフ!

また、VERENO RNに愛着わくな〜!

楽しさ限界突破? ツール・ド・玉川 ②(本番編)

Bicycle

f:id:yPhonist:20161122141323j:image

「ツール・ド・玉川」の旅2日目の朝は誓ったとおり、早めの起床。6:30より受付開始なので、少し早めに駐車場へ車を入れたいと思い、早起きをしたのだった。5:15に起床し、洗顔を済ませて、会場へ移動した。途中で朝食を調達し、駐車場入り。

f:id:yPhonist:20161122141606j:image

あとは、ユックリ準備して、開会式開始の予定時刻である8:30を待つのみ。朝食を済ませ、トイレも済ませ、、、

f:id:yPhonist:20161122141628j:image

まだ少し時間があったので、しばらく仮眠(笑)。その後起き出して、バイク準備と着替えを済ませて、開会式会場へ。
すでに多くの人が集まっており、列ができていた。ゼッケン番号順に並ぶようになっており、大きな混乱もなく、並びの列に入った。開会式ステージのほぼ前で、ゲストの方々の姿もバッチリ!
前の方だったので新城幸也選手もよく見えた。

f:id:yPhonist:20161122142027j:image
ちなみに、新城選手がゲストライダーとしていっしょに走るというのは、申し込み後に知った。新城選手がいなかったとしても、十分豪華なゲスト陣だと思っていたが、そこに新城選手も加わって、かなりテンションが上がったとともに、とにかくこの二日間は「ミーハー道」一直線でいくと誓ったのもそのタイミングだった。

ゲストライダーとして、もう一人ぜひ一緒に写真を撮りたかったのは、今シーズンで現役引退となるANCHORの井上和郎選手だった。井上選手もステージ上に! いやあ豪華すぎる!

 

開会式終了後はいよいよスタート。ゼッケン44番だった私は、第2グループでのスタート。第一グループのスタートは森本師匠と新城選手。その出発の後ろ姿を見送る。

そして第二グループ。

f:id:yPhonist:20161122142147j:image

先導は、三谷さんだった。三谷さんを先頭に5番目くらいでスタート。エイドステーションなどでまた話しかける機会もあるだろうと、序盤は「ミーハー道」は封印。走行に集中することにした。前日に比べてもいい天気。暑くもなく寒くもないちょうどいいライド日和の中でのスタートとなった。

エイドステーションは4つ。その間にも給水ポイントが設置されており、安心して走行することができた。第一エイドステーションは「歌仙の滝駐車場」。ここまでは細かなアップダウンのある丘越えといった感じ。みんな緊張感の中での走行、そしてエイドステーションへの到着となった。ここで振る舞われたのは「豚汁」。イキナリ感はあったが、美味しくいただいた。ここで、森本師匠と遭遇。挨拶を交わした。覚えてくれてて嬉しい!
ここで少しユックリしている間に、第二グループはスタート。遅れれば次のグループとかで合流すればいいやという感じで、遅れて単独で先へ進んだ。
しばらく走っていると、後ろからすごい勢いで追い抜いていく二人の姿が。イナーメのお一人とGOKISOの方で、スタッフとして走っておられる方々。お名前は聞き逃してしまいました。失礼しました。でも前日からいっしょに走ってくださっていた方々で、この日も挨拶は交わしていた。そのお二人についていくことにした。

f:id:yPhonist:20161122141323j:image

かなりのハイペース。グイグイ行かれます。後で確認すると、この日2番目の峠となると石坂養鶏峠を上っていたいたんだな。そこの途中までなんとかついていって、しばらくすると、別のスタッフさんと合流。この方も前日にスタッフとしてお世話になった方で、合流後しばし談笑しながらご一緒させていただいた。先のお二人の背中はすぐに見えなくなってしまった。森本さんといっしょにトレーニングされてるだけあってスゲ〜な、と。

このあと、石坂養鶏峠を越えてしばらく走っていると、「事件」が!
前方に新城幸也選手がいるらしい。どうやら第一グループから下がってきてるらしかった。ファンサービスの一環だろう。これは、チャンス!とばかりに機会を伺う。
しばらくすると、下がってきてくれて、隣に並んだ。「ドキドキ」。写真をいっしょに撮ってもらうチャンスも後にあるはずだが、それよりも嬉しいシチュエーション。一人の自転車乗りとして、自転車に乗りながらのしばしの談笑。まるでプロトンの中で会話をしているかのような気分を味わうことができた。たわいのない話ではあったが、あの新城選手と並走しながらお話しできるとは! 序盤からかなりのハイテンションとなってしまった。いや〜、夢のような時間を過ごすことができたな〜(遠い目)。

その後、給水ポイント。
ここで、元いた第二グループと再度合流を果たしたので、いっしょについて行かせてもらうことにした。しかも、三谷さんのすぐ後ろ。この後は玉川湖の湖畔を走る景色の綺麗なコース。地元に住んでいるという三谷さんにイロイロ案内してもらいながら走らせてもらった。
ちなみにこの玉川湖、来年の愛媛国体ではボート競技の会場になるのだとか。この日も多くのボートが湖に出ていて滑るように進んでいた。

この後の第ニエイドステーションでは猪鍋(←コレマジでうまかった)。

f:id:yPhonist:20161122142355j:image

そこに至るまでの道がなかなか険しく、この日の最高標高となる千疋の峠の途中のエイドステーションだったが、そこまでで結構ヒィヒィ。その後頂上まではさらに斜度も上がり厳しくなった。それでも三谷さんは平気な顔で上っていく。速いな〜と感心。さすが坂バカ女子部員でした。

その後の第三エイドステーションでは、その場で焼き上げたピザ。

f:id:yPhonist:20161122142453j:image

これも美味かった。

そして第四エイドステーションでは、ヨーグルトをいただき、後はちょっと丘っぽいところを越えてゴールを目指すのみ。少し交通量の多いところを通り、無事ゴールとなった。

第二班だったこともありまだゴールした人は少なく、

f:id:yPhonist:20161122142646j:image  f:id:yPhonist:20161122142659j:image

新城幸也選手、井上和郎選手ともユックリ写真をとることもできた。

f:id:yPhonist:20161122142740j:image

三谷さんともチャリダージャージでいっしょに撮ってもらった。ガイド走行中はスタッフビブスを着用していたため、せっかくのチャリダージャージが見えなくて、残念がっておられたから(笑)

そして、しばらくいいタイミングをみはからい、森本師匠と、その後は再度新城選手に無理を言って、ムスメさんへのメッセージ動画を撮らせてもらった。

f:id:yPhonist:20161122143529j:image  f:id:yPhonist:20161122143512j:image

「お父さん頑張ってたよ〜!」とかって(笑)。もちろんこれらの動画は我が家の家宝です!

そしてその動画はすぐにアイカタさんに配信。
オレ、グッジョブ!

 

f:id:yPhonist:20161123200256j:image 

そんな感じで会場をウロウロしながら、昼食券で鯛めしもらったり、玉川ダムカレー買って食べたりして、自転車も食べ物も、そして「ミーハー道」も全てを楽しみ尽くした1日が終わった。

 

さて、この「ツール・ド・玉川」。
私の住んでる福山市からはそんなに遠くない場所での開催。なので、アクセスも悪くない。そして贅沢なゲストライダー陣。この組み合わせで言えば私に撮っては最高のイベントと言える。来年も万難を廃してぜひ参加したい、いや、参加しなければ! と思ってしまうイベントだった。

お世話になったゲストライダーの皆さん、スタッフの皆さん、道案内の皆さん、その他多くの関係者の皆さん、ほんとうに楽しい時間をありがとうございました。満足感しか感じない充実した二日間を過ごすことができました。

 

アイカタさんも、
「走らんけど、新城幸也選手と写真撮りに行く!」と言ってます(笑)