読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daily Sketch with...

ロードバイク、スキー、キャンプ、写真が好きなオッサンブログです。家族で楽しんでます。

キタキタ、春の補強機材

Bicycle LWC 38×50

f:id:yPhonist:20160404211101j:image

昨日,午前中が仕事で,昼前に戻ると届いていた。デカくも軽い荷物が。


一昨日発送したよ!
 
というメールが来ていたLWCのホイールだった。いわゆる中華カーボン・ホイール。以下のような仕様で注文していたのだが,チョット時間のかかる組み合わせだったようで,三ヶ月かかった。
 
今回注文した仕様

  フロント:38mm,16本

  リ  ア:50mm,20本

  スポーク:CX-RAY

  リム幅23mm(たぶん)

少ないスポーク本数で,軽めに・・・。
そんなテーマだった。
 
高級ホイールももちろん欲しいが,貧乏性な私はそれだと気を使ってしまう。ここぞというときのために普段あまり使わずにいて,いざという時にはめんどくさくて使わない?なんてことが頻発するのが目に見えている。
この中華ホイールなら,普段使いとまではいかなくても,常用に近い感じで頻繁に使う気分になれる。
それでも高いのは十分わかっている。自転車界の価格に感覚が麻痺してしまっている自分も認める・・・。
 
さっそくちゅう吉へ持ち込み,タイヤ(チューブラー)を見繕ってもらい,軽くブレ取り確認とタイヤ貼りをお願いしてきた。なかなか思ったタイヤの在庫がなく、選定には時間がかかったが。他所で買ったホイールの持ち込みなので申し訳ないのだが、快く引き受けてくれた店長、ありがとう!

 そうこうしている間に相方ちゃんがとんでもないことを言い出した。
ちょっと前に撮ったままにしてあった「チャリダー★」の録画を見て,「これ,やりに行こう!」とのたまった。
この回の放送は朝比奈ちゃんと堤下さんが,MTBで瑞穂(たぶん?)の山を下るという回。ゴンドラに乗って山頂へ向かう映像をワクワクしながら見ていた。
実は私たち数十年前,,,いや,十数年前??,安いMTBを買って山へ入っていたことがある。んで,下りを失敗して転げまわって大回りしたり・・・。その時の記憶もあったのだろう。相方ちゃんに突然火が付いた。
場所もスキー場のある瑞穂(たぶん?)っぽかったので,「スキーシーズン終わってから,モチベーションあがらんかったけど,これ楽しみ!」となったのであった。
 
いいよ,それは別に。
 
ただ,
 
ただだよ。。。
 
このパターンだと,確実に一台,さらに後にもう一台我が家に自転車が増えることになるんだよ! それがわかっているのかな? 
はじめはレンタルでいいけど,それで満足できなくなるにきまってるでしょ!
 
そんな現状。。。
 
まずは,情報収集から・・・。

店長にも聞いてみた。

「結構、ダウンヒルっぽいですよ〜」
「子どもは泣きながら歩いて降りてくることもあるし・・・」
「家族で行ける雰囲気がいるけど、かなり気合い入れていったほうがいいですよ」

っっって!
 
ま、まずは家族会議から、ということで。