読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daily Sketch with...

ロードバイク、スキー、キャンプ、写真が好きなオッサンブログです。家族で楽しんでます。

お初! ZWIFT Social Ride

f:id:yPhonist:20160614224820j:image

今日からどうしよ?

一昨日、ZWIFT 6wk FTP Builderが終了した。次のレースまでには約一ヶ月半。この期間をどう過ごそうかと思案した。

結果、一応計画的にワークアウトを積み重ねてみようか、なんて考え始めた。

1日あけて、今日はどうしようかな、とりあえずZWIFTのワークアウトの中から選んで小一時間走っとくくらいにしようかな、なんて思いながらPCを起ち上げたのが、20:40。と、同時にZWIFTのmobile appも起動。入りやすそうなソーシャル・ライドがあればそれも良いかもな、とか考えながら、メニュー画面の「EVENTS」をチェックしてみた。

f:id:yPhonist:20160614230644p:image

すると下のような画面に、9:00スタート予定の「AGEAGE Ride」というソーシャル・ライドが計画されていた。2.0w/kgからはじまり順次上げていき、Ritchmond のコースを6周回して、最後の坂で3.5w/kgに至るというライドだった。

f:id:yPhonist:20160614230700p:image

「AGEAGE Ride」に初参加!

タイミングも良いし、せっかくZWIFTしてるんだから、ソーシャル・ライドも経験してみるべ、と思って、迷わず参加ボタンを押した。この時点で57名の参加予定となっていた。

そして、ZWIFTに。

PC画面で「JOIN」ボタンを押し、スタート位置付近へ行くと、スターティングブリット画面へ。絵的には下のような様子。

参加方法は簡単だった

f:id:yPhonist:20160614224930j:image

画面右側には、参加者のコメントが並ぶ。スタート時間までのカウンドダウンを待ち、時間が来るとスタートとなった。参加自体は簡単だった。ただ今回はそんなことなかったけど、ライドによってはジャージを変えておかなくてはならない場合もあるので、そこのところは注意事項をよく読んで気をつけておかなければならなさそう。

ペースを合わせるのが意外とムズイ!

そしてスタート直後。画面の中を集団で走る。

f:id:yPhonist:20160614224958j:image

初めてのソーシャル・ライドということもあり、自分自身ペースを一定にキープできない。そのため集団の中で、前方と後方を行ったり来たり。無駄に脚を使ってしまっていた。

f:id:yPhonist:20160614225037j:image

で、気を抜いていると、いつの間にか集団の最後尾まで下がってて、さらには中切れおこしちゃったり。

f:id:yPhonist:20160614225142j:image

で、集団に追いつくためにまた脚を使う、と。。。

f:id:yPhonist:20160614225200j:image

そんなことを繰り返しながらも、周回を重ね、、、

f:id:yPhonist:20160614225227j:image

最終的には何とかゴール。

途中、3.0w/kgあたりになったところから、キッツー!と思ったが、周りにたくさんの人が見えるとなんか頑張れる。最後はなんとか先頭集団に食いつきながらのゴールとなった。

 

んで、今回のライド途中でのレベルアップに伴ってもらえた新しいジャージをチェックして、着替えてダウンして終了。

f:id:yPhonist:20160614225300j:image

ソーシャル・ライドって良いもんだ

今回、初めてソーシャル・ライドに参加したが。なかなか楽しめた。出力的にも良い練習になるし、周りに人がいるおかげで頑張れる。多分一人で平地を流している時よりも負荷はかけてるんではないかな。最後の一周は、最終スプリントこそないものの、ラストに向かって「アガッテ」いく感じもあったし。

また機会があれば参加してみたいソーシャル・ライドだったな。